実際どうなの?マスクの下にファンデーションは肌に悪い?!

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

みなさんは、マスクをつける際にはファンデーションは塗っていますか?

 

「ファンデーションを塗ったままマスクをするのは肌に悪い」

「マスクをするときには肌を保護するためにファンデーションは塗らなければいけない」

 

いろいろな意見がありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

今回はマスクとファンデーションの関係について、マスクの着用方法、マスク用のファンデーションの塗り方、メイク直し方法など徹底調査してみました!

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

マスクの下にファンデーションは肌に悪い?

まず結論から申しますと、マスクをつける際にはファンデーションをしていても大丈夫です!

 

ファンデーションをつけた状態でマスクをつけるからといって、それが直接的に肌に悪影響を与えるということはありません。

 

ただ、マスクをしている状態としていない状態では、お肌をとりまく環境が全く違います。

マスクの使い方が悪かったり、ファンデーションの塗り方とマスクの相性があまりにも悪い場合には、お肌トラブルをまねく原因になりかねないので注意しましょう。

 

あと、マスクをつけていると顔が赤くなったりすることはありませんか?

顔が赤くなるのは、マスクの摩擦などによる肌荒れが原因の可能性が高いです。

気になる方はこちらの記事も参考にご覧くださいね

 

スポンサーリンク

ファンデーションを塗る際にはマスクの着用方法に気をつける!

ファンデーションを塗る際、マスク内部は

・メイクが崩れにくい
・お肌環境を良好に保てる

 

環境でなければいけません。

それには、まずマスクの着用方法に気をつけましょう。

 

自分に合ったサイズのマスクを選ぶ

マスクのサイズが大きすぎたり小さすぎたりすると、マスク内部が過度に蒸れたり乾燥したりするため、メイク崩れをまねきます。

また、お肌にも悪影響です。

マスクにもいろいろなサイズや形があるため、自分に合ったサイズを選ぶようにしましょう。

 

マスクサイズの測り方については、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

お肌に優しい素材のマスクを選ぶ

多くのマスクは不織布を用いていますが、不織布は摩擦が起きやすくお肌に刺激をあたえてしまいます。

敏感肌の方はマスクとの摩擦で肌荒れをおこしてしまうことも。

 

最近では、肌に刺激を与えない綿でできたマスクやメイクお肌専用のマスクもあるので、そういったアイテムを使うのもおすすめです。

マスクは1日に何度か取り換える

マスクの中は蒸れや乾燥を繰り返し、菌が繁殖しやすくなっています。

そんな環境でのファンデーションや皮脂は、菌にとっての恰好のエサとなります。

長時間装着しつづけるのは肌にとっても悪影響なため、こまめに取り換えるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

マスク着用時のファンデーションの塗り方 ―肌荒れを防ぐ&ファンデーションがつかない方法―

先ほども少し触れましたが、マスクをつけている時はお肌をとりまく環境が普段と全く違うので、いつもと同じメイクをしていては「崩れ」や「乾燥」を起こしてしまいます。

マスク着用時に合わせたメイク方法をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

 

汗や皮脂に強い下地を使う

マスクの中は蒸れやすく汗をかきやすい状態のため、いつもよりファンデーションが崩れやすくなっています。

冬であってもマスクの中は真夏状態なので、汗や皮脂で崩れにくいメイク下地を使用してからファンデーションを塗ると、崩れにくくなるでしょう。

 

保湿を十分にしておく

マスクの下は蒸れやすく、水蒸気が発生しやすい状態になっています。

お肌に水蒸気が付着したり蒸発したりを繰り返すことにより、乾燥をまねいてしまいます。

 

マスクは保湿の役割を果たしますが、水蒸気が蒸発を繰り返すと乾燥の原因にもなるので、ファンデーションを塗る前にはしっかりと保湿剤を塗り込むようにしましょう。

保湿力の高いファンデーションを使うのもおすすめです。

 

厚塗りにならないようにする

マスクを着用する際にファンデーションを厚塗りにしてしまうと、ドロッと崩れやすくなってしまします。

できればいつもよりも薄めを意識しましょう。

リキッドよりもパウダーの方が浮いてくる心配がありません。

 

メイクの仕上げにパウダーをはたく

パウダーファンデーションを使えば、崩れやすさはかなり軽減されます。

ですが、ファンデーションの上からチークをつけて顔色に華やかさをもたせたいという方も多いのではないでしょうか?

チークの上から更にパウダーをはたくことで、マスクにつくことや崩れ防止をすることができます。

 

ティッシュオフ

メイクが完了したら、最後に顔にティッシュを乗せて優しく抑える「ティッシュオフ」という技を使いましょう!

ティッシュオフすることで、余分な皮脂を取り除けるためメイク崩れを防止することができます。

 

マスク着用時のメイク直しの方法

マスクをしていてもメイク直しをしたいという場面が出てくることもありますよね。

マスク着用時は、特に「鼻」と「ほうれい線などの口の周りあたり」が化粧崩れしやすいのでメイク直し方法をご紹介します。

 

マスクを外すと鼻の頭が赤くなっていることがありますよね。

鼻の化粧崩れを治すためには、一度思い切ってメイクを落として、その上からパウダーファンデーションをすることをオススメします。

 

以前、メイクを落とさずそのまま上からファンデーションを重ねたところ、赤みが消えないどころか、化粧崩れが悪化して更に汚ない感じになってしまいました・・・。

思い切って、鼻の部分のメイクを全て落としてファンデーションを付けたところ綺麗に重ねることができたので、それ以来ずっと私はこの方法でメイク直しをしています。

 

ほうれい線などの口周り

ほうれい線などの口周りは、一度ティッシュオフをして、その上からハイライトを重ねるようにすると綺麗にメイク直しができます。

ハイライトを重ねる際には、大き目のフェイスブラシを使ってジグザグとほうれい線あたりをなぞる感じにすると、よりキレイに仕上がりますよ。

 

まとめ

マスクをつける際には、メイク崩れをしないこと、お肌環境を良好に保つことを意識することが大切です。

今回ご紹介させていただいた、マスク着用方法やマスク用のファンデーションの塗り方、メイク直しの方法をぜひ参考にしてみてくださいね。

 

「メイク×マスク」という新しいオシャレを楽しんでみましょう!
スポンサーリンク
おすすめの記事