ずっとマスクをしている女の人は実は多い!?気になるその理由とは

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

一年中、ずっとマスクをしている女性を見かけたことはありませんか?

普段からあまりマスクをつけない人からすると、「なぜずっとマスクをつけているのだろう」と思ったりしますよね。

病気なのかなとも気になりますが、なんとなく聞きづらかったりもしますし…。

 

そこで、この記事では、ずっとマスクをつけている女性の心理や、マスクをしている理由について詳しく解説していきます。

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

女性がずっとマスクをしている意味・理由

マスクは、風邪予防として使われることが多いアイテムです。

ですが、病気以外にもいくつかの「マスクをつけている理由」が考えられます。

ここからは、なぜマスクをずっとつけている女性がいるのか、考えられる理由8つをご紹介します。

小顔に見せるため

まずは小顔に見せるためです。

マスクをつけることで、顔の大部分を隠すことができます。

そのため、顔が大きいことで悩んでいるという女性の中には、小顔効果を期待してマスクをつけているという人もいるのです。

 

小顔に見せるためにマスクをつけている女性というのは、顔の大部分が隠れる程の大きめなマスクをしていることが特徴的です。

 

顔のコンプレックスを隠すため

顔に何かしらのコンプレックスを抱えている女性も、常にマスクをしていることが多いです。

例えば、だんご鼻気味だったり、出っ歯や歯の黄ばみを見られたくない、唇が厚いことや、顎のラインがごつごつしているのを隠したいなどなど。

 

「人には見せたくない!」と思う部分がある女性ほど、マスクを使ってそのコンプレックスを隠したがるのです。

 

年齢を若く見られたい

顔周りで年齢が出やすい部分に「ほうれい線」があります。

ほうれい線が深いほど、年齢を感じるものですが、マスクをすることでほうれい線を隠すことができます。

 

「少しでも自分を若々しく見せたい」と考えて、あえてずっとマスクをつけているという女性もいるのです。

 

肌トラブルを隠すため

ニキビやそばかすなどの肌トラブルを隠すためにマスクをしているという女性もたくさんいます。

男性であれば、多少のニキビや肌トラブルは気にしないかもしれませんが、女性にとって顔というのは命です。

 

多少の肌トラブルであれば化粧でごまかせる場合もありますが、男性に比べると女性の方が、

「絶対に見せたくない」

という心理が強く働く場合が多いのです。

 

また、肌トラブルが起こると、会話をしている人の目線がその部分に集中するという経験をしたことがある人もいると思います。

そのような可能性もあり、恥ずかしいという気持ちから常にマスクをしているのかもしれません。

 

すっぴんだから

出かけるときにすっぴんで出かける女性は多くありません。

 

大人の女性になればなるほど、近所に出かけると時にもばっちりメイクをして出かけることが多いです。

ただ、何かしらの理由でメイクができない、というか、ちょっと面倒くさい(笑)という場合、マスクで顔を隠す場合もあります。

 

例えば、

・近所のコンビニに行くだけ

・ATMにお金をおろしに行くだけ

というような場合、メイクに数十分かけるのはかなり時間の無駄ですよね。

 

そのような場合の応急処置として、マスクを使うことが多いのです。

私はこのパターンが多いなぁ

 

肌を紫外線や乾燥から守るため

男女問わず、肌というのは非常に敏感です。

そのため、肌を守りたいからマスクを常につけているという人も多いのです。

 

肌にダメージを与えてしまう原因の代表格は、紫外線です。

紫外線を浴びることで、しわやシミの原因となってしまいます。

 

また、乾燥も肌トラブルの原因となってしまうので、乾燥防止という理由でマスクをつけている人もいます。

その中には、唇の乾燥が特にひどくて、リップを取れにくくするためにマスクをつけているということもあります。

安心感を得るため

マスクは顔の半分以上を隠すことができるアイテムです。

そのため、あまり自分に自信がない人や、先ほども解説したようにコンプレックスを抱えている人の中には、精神的な安心感を得るためにマスクをしているという可能性もおおいに考えられます。

 

というのも、自分に自信が持てない人というのは、会話をしている相手の目線を非常に気にします。

相手の目線が自分の目以外の場所にあると、その場所を咄嗟に隠したくなるのです。

会話をする時に、絶対に口元を隠すという女性もたくさんいますが、そのような女性は十中八九、口元や、自分に対して自信がないことが多いです。

 

また、対人恐怖症である女性もマスクをつけることで、安心感を得ていることが多いといわれます。

特定の人物や男性の前だと急に話ができなくなるという人は、顔を隠すことで、自分と相手の間に壁を作ることができるため、比較的話しやすくなるのです。

 

寒さ対策のため(冬限定)

 冬限定の理由にはなりますが、実は、寒さ対策でマスクをしているということもあります。

これは私のことでもあります(笑)

 

冬の朝の通勤で、寒くて鼻が痛くなったりすることはありませんか?

マスクをつけると保温されているからか、あの鼻の痛みから解放されるのです!

私だけでなく、職場の女性陣も同じことを言っていましたので、「冬限定でずっとマスクをしている」という場合は、風邪予防+寒さ対策の可能性が高いです。

スポンサーリンク

まとめ ~マスクは女性の強い味方~

マスクというのは、風邪や花粉、乾燥などを予防してくれるアイテムであると同時に、女性の強い味方となるアイテムでもあります。

メイクをしていない時でもばっちり顔を隠すことができますし、顔のコンプレックスを隠して小顔効果を得ることもできます。

 

ただ、風邪予防、花粉予防以外でマスクをつけている女性というのは、例えマスクをつけていても顔をじろじろ見られることを嫌います。

男性や、普段マスクをしない人からすると、「なぜあの人は常にマスクをしているんだろうか」と思ってしまうことも多いでしょう。

ですが、あまり触れないであげることも思いやりの一つだと思います。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました
スポンサーリンク
おすすめの記事