マスクで顔が赤くなるのを防ぐ方法!原因となる肌荒れは4つの対処法で解決

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

なぜかマスクをつけた時だけ、顔が赤くなるという悩みを持った人は多いのではないでしょうか。

しかし、そのような悩みを抱える多くの人が、原因や対処法、予防法を知らないことが多いです。

 

そこで、この記事では、マスクをつけると顔が赤くなってしまう原因や対処法、予防法について詳しく解説していきます。

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

マスクをつけると顔が赤くなる理由

マスクをつけると顔が赤くなってしまうのは、肌荒れが原因である場合が多いです。

肌荒れを引き起こすと、顔が赤くなってしまうだけでなく、ニキビなどの原因にも繋がってしまうのです。

 

スポンサーリンク

なぜマスクをつけると肌荒れするの?

マスクをつけると肌が荒れてしまうのは、

・蒸れ
・摩擦
・アレルギー

などが原因となる場合が多いです。

 

特に「摩擦」が大きな原因となっている可能性が高く、サイズの合っていないマスクを着用している人ほど、マスクで肌荒れを引き起こしてしまいやすくなります。

 

また、冬の季節や風邪が流行る時期などは、毎日マスクをつけているという人もいると思います。

そのような場合、肌への負担が大きくなりすぎてしまい、肌が赤くなってしまうというわけです。

 

スポンサーリンク

マスクで顔が赤くなる原因である肌荒れを防止する4つの方法

では、どうすればマスクによる肌荒れを防止することができるのでしょうか。

ここから4つの予防方法をご紹介していきます。

マスクの素材に着目する

マスクの素材というのは、メーカーごとで違う場合が多いです。

敏感肌だったり肌が弱い人の場合は、自分に合わない素材のマスクをつけてしまうだけで、肌荒れを引き起こしてしまう可能性もあります。

 

多くの人は、不織布のマスクをつけていると思います。

不織布のマスクは、使い捨てであるため、気軽に使うことができます。

 

しかし、その分、摩擦による肌荒れを引き起こしてしまいやすいため、できるだけガーゼタイプのマスクを選ぶことをおすすめします。

とはいっても、ガーゼタイプのマスクをつけるのは、なんか気になる…と思う人もいるかもしれませんね

 

そのような人は、毎日ガーゼタイプのマスクを使う必要はありません。

肌トラブルを引き起こして、顔が赤くなってしまっている時だけガーゼタイプのマスクをつけるということでも良いと思います。

 

また、どうしても不織布のマスクを使いたいという人は、マスクと肌の間にガーゼを1枚噛ませるということでも対処できます!

そうすることにより、摩擦を軽減することができるだけでなく、細菌や花粉も除去してくれるため、かなりオススメです。

 

顔にフィットしたマスクを選ぶ

そして、顔のサイズに合ったマスクを選ぶということも大事です。

 

マスクには小さいものから大きいものまでありますが、多くの人はあまりこのサイズに注目していません。

何となく自分の顔に合っていればいいやという感覚で選んでしまったり、とにかく大きいものという考えで選んでしまったりするケースが非常に多いです。

 

しかし、細菌や花粉を除去するという意味でも、摩擦を減らすという意味でも顔にぴったりとフィットするマスクを選ぶことが大事になってきます。

 

自分に合ったマスクサイズの測り方については、こちらの記事で詳しく解説しているので、良かったらご覧ください

 

更に、「肌に優しい」という内容の記載があるマスクを購入することも大事です。

このようなマスクは、素材にこだわっていることが多く、肌荒れを引き起こしにくくなります。

ネックなのは、若干値段が張ってしまうということですかね…。


私もそうですが、ついつい値段を気にして普通のマスクを選んでしまう人も多いと思います。

ですが、肌荒れを引き起こすと、それを治すためのアイテムや病院代などで、結局出費がかさんでしまう…なんていうこともあります。

それに、「人に見られたくない」という精神的ストレスを抱える原因にもなるので、値段は高くても素材にこだわったマスクを選ぶということも賢い選択の1つとなるでしょう。

 

こまめにマスクを外す

マスクを一日中つけっぱなしにしていると、それだけ肌に与える負担も大きくなってしまいます。

そのため、こまめにマスクを外し、肌への負担を減らすという工夫も大事です。

 

また、マスクをすると、どうしても気になって、無意識に触ってしまうという人も多いです。

しかし、マスクを触ると摩擦を強めてしまう原因となる場合がありますので注意が必要です。

マスクは、「一度装着したらよほどのことがない限りは触らない」という意識も大事になってきます。

 

帰宅したら念入りに肌ケアを行う

帰宅をしたら、速やかにマスクを外しましょう。

これは、マスクに付いた細菌や花粉を吸いこまないようにするという効果もありますが、少しでも摩擦を減らすという意味でも効果的です。

マスクに触れたら、しっかりと手を洗って、うがいも忘れずにしましょう!

 

入浴後には、化粧水などを使って顔のケアをすることが大切ですが、既に顔が赤くなってしまっている場合は、敏感肌用の化粧水を使うなど、肌をいたわることも大事になってきます。

顔の赤みがひかないなら専門医を受診する(私の実体験)

もしも、ご紹介してきた対処法・予防法を試しても、肌トラブルが治らない、顔から赤みが引かないという場合。

この場合は、できるだけ早く皮膚科などの専門医を受診して、専門の知識がある人のアドバイスを受けることが大事になってきます。

 

実は、私も普段から若干、顔に赤みが出やすいタイプではあったのですが、マスクをすると赤みが更にひどくなってしまうという時期がありました。

職場の上司にも、マスクをしてたら「顔赤いけど大丈夫?」なんて聞かれちゃうこともあったくらいです。

 

思い切って、病院で診てもらったら、頭も顔も脂漏性皮膚炎になっていたようです。。。

確かに、その頃、頭が痒いことも多かったので納得でした。

私の場合は、幸いにも軽度だったようで、先生から処方された薬を塗っていたら、数週間でしっかり治りました。

 

忙しい毎日だとは思いますが、なかなか治らなくて悩んでいる場合には、時間を見つけて病院でしっかり診てもらいましょう!

まとめ

マスクをつけると顔が赤くなる原因は、マスクによる蒸れや摩擦などによる肌荒れです。

マスク着用による肌荒れを防ぐためにご紹介した4つの方法を実践してみてください。

そして、可能であれば、専門医に診てもらうことをオススメします。

最後までご覧いただき、ありがとうございました
スポンサーリンク
おすすめの記事