マスクが最初から臭い!着用後も臭い!それぞれの原因と改善方法とは

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

マスクの臭いが気になるという人は意外と多くいます。

ニオイが気になるには2パターンあって、一つは買ったばかりの新品マスクをつけた瞬間の独特な臭いが苦手。

もう一つは、マスクをつけて時間が経ってからする臭いが不快に感じるというパターンです。

 

この記事では、両方のパターンについて、なぜマスクから嫌な臭いがするのか原因や対策について解説していきます。

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

マスクが最初から臭い!原因はマスクメーカーの原料?

マスクというのは、様々なメーカーから販売されていて、メーカーごとにマスクの原料が違う場合や、製造工程が違う場合が考えられます。

そのため、使った瞬間から臭うマスクは、原料や製造工程に問題があるのかもしれないと言われることが多いです。

ただし、明確な根拠データ等が公表されているありませんので、推測ということになってしまいます。

マスクの臭いが気になるなら、使用を控えることも大事

最初から臭う、マスクの独特なニオイを我慢できる場合であれば、そのまま使い続けることもできますが、そうでなければ速やかに使用を中止することをおすすめします。

 

市場に出回っている以上、体に有害物質が含まれているということは考えにくいです。

ですが、嫌な匂いをずっと嗅いでいると、当然、具合が悪くなってしまう原因にもなります。

 

マスクを購入する場合は、いきなりボックスで何十枚も入った商品を買うのではなく、それぞれのメーカーのマスクを試してみて、自分に合った物を見つけることが大切です。

スポンサーリンク

マスクの独特なニオイを感じなくする方法

とはいっても、「もうマスクはボックス買いしちゃったよ…」なんていう人もいるかもしれません。

そんな方のために、マスク自体のニオイを感じさせなくする方法をご紹介します。

マスクは袋から出して保管する

マスクを買ったらビニール袋から出して、なるべく空気に触れさせるようにしましょう。

そうすることで、あの買った直後の独特なニオイは薄まっていきます。

 

箱やビニールから出したマスクは、大きめのハンカチなどでふんわり包んで、保管をするようにしましょう。

マスクスプレーを利用する

マスクそのものの臭いを消すために、一番オススメの方法がマスクスプレーを使うということです!

 

私はたまたま近所の自然派食品のお店で、マスクスプレーの存在を知りました。

気になる不快な臭いをアロマなどの良い香りで消してくれるだけでなく、商品によっては抗菌作用を高めたり花粉効果が期待できるマスクスプレーもあるようなのです。

 

マスクは直接肌につけるものでもあるので、マスクスプレーを使うなら100%天然成分をうたっているものを使うのがより安心ですよ。

ちなみに、商品パッケージで使い方をよく確認して、正しくマスクスプレー使わないと効果半減になってしまいます

スポンサーリンク

マスク着用後の臭いの原因とは

ここまでは、「マスクが最初から臭い」という場合の原因や対処法についてご紹介してきました。

では、マスク独特の臭いではなく、マスクを着用してから感じる嫌な臭いの原因とはいったい何なのか、詳しく解説していきます。

雑菌

まずは雑菌臭です。

 

私たちが当たり前のように行う呼吸には、たくさんの細菌が含まれています。

また、中には風邪を引いている時にマスクを使うという人もいますが、風邪を引いている場合は特にウイルスや細菌がマスクに付着しやすくなってしまうのです。

 

細菌やウイルスがマスクに付着するだけであれば問題ありませんが、マスクの中というのは、湿度も温度も高いです。

つまり、細菌やウイルスが繁殖しやすい環境ということなのです。

 

そのような状態でしばらく放置してしまうと、嫌な臭いの原因となります。

そのため、特に風邪を引いているときは、こまめにマスクをつけかえるということもおすすめです。

 

口臭

マスクが臭いという場合は、マスクが原因ではなく、シンプルに口が臭いという場合も考えられます。

 

マスクをしていない状態であれば、自分が吐いた息というのはそこまで臭いません。

しかし、マスクをすることで、自分の息が跳ね返ってきますので、より口臭を感じやすくなるのです。

 

タバコを吸っている人や、コーヒーをよく飲む人は特に口臭がきつくなりがちですので、しっかりとケアをすることが大事になってきます。

また、胃腸の状態によっても口臭がきつくなる場合があります。

 

口の中が不衛生で口臭がきつくなった場合は、いくらでも即効性のあるケアを行うことができます。

ですが、胃腸の状態が悪くて口臭がきつくなる場合は、内面からケアをする必要があります。

そうなってしまうと、ケアに時間がかかってしまうこともあるため注意が必要です。

 

唾液

唾液というのは、潤っているうちはいいのですが、乾燥し始めてしまうと何とも言えない嫌な臭いを発します。

 

マスクをしていると、くしゃみや咳などで体外に出た唾液がそのままマスクの表面で乾燥します。

これが匂いの原因だったりするのです。

 

この不快な臭いを改善する良い商品があります!

それが、こちらの「nepia 鼻セレブマスクMekuru」です。


このマスクは二枚重ねになっているタイプで、マスクの内側をめくって剥がすことができるようになっています。

ですので、くしゃみの飛沫や鼻水がついてしまった場合や、女性の場合はファンデーションで汚れてしまった場合などに、剥がして使うことができます。

ニオイが気になるという場合には、一度お試ししてみると良いですよ

 

消臭機能付きや香り付きマスクでニオイ改善を

マスク着用後の臭いが気になるという人の場合は、消臭機能を持ったマスクをつけるということもおすすめです。

最初からこのような機能が備わっていれば、自分で工夫して匂い対策をする必要がありません。

 

このようなマスクは、一般的なマスクと比べると若干値段が高い傾向にあります。

ですが、嫌な臭いを除去し、快適につけられることを考えると、コスパが良いともいえるでしょう。

 

また、消臭機能がついているマスクだけでなく、香り付きマスクというのもあります。

活性炭が入っている物や、ミントの香りがするものなどがありますので、自分の好みに合わせて試してみることをおすすめします。

 

マスクのニオイは、意外とストレスの原因になりやすく、臭いが気になって集中できない場合や、具合が悪くなってしまったりする場合もあります。

ただ、マスクというのは、細菌、花粉を除去してくれるありがたいアイテムですので、特に冬の時期には必須とも言えます。

香り付き、消臭機能付きのマスクを使えば、細菌や花粉などの除去にストレスフリーで利用が可能になるので、ぜひ一度お試しください。

まとめ

マスクが最初から臭い場合と着用後に臭う場合の2パターンの原因について、それぞれ解説しました。

ご紹介した対処方法を参考にしていただきながら、上手にマスクと付き合いましょう。

マスクの臭いストレスから解放されますように!
スポンサーリンク
おすすめの記事