ミニトマトの賞味期限って?冷蔵庫に入れるなら冷凍保存が長持ちでおすすめ

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

ミニトマトは、とても甘く美味しい野菜です。

私は手軽に食べられるので、買いだめをして毎日ミニトマトを食べていますが、ふと「ミニトマトってどれくらい日持ちするんだろう?」と疑問に思い調べてみました。

この記事では、ミニトマトの賞味期限や保存方法について、詳しく解説していきます。

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

ミニトマトの賞味期限はどれくらい?保存方法でも変わる?

ミニトマトのパッケージには、賞味期限が書かれていないことが多いです。

しかし、ほとんどの食品は販売する際に賞味期限を記載しなければならないと法律で決められています。

「ミニトマトはいいの?」と思う人がいるかもしれませんが、ミニトマトなどの加工がされていない野菜に関しては、賞味期限を記載する義務がないのです。

 

では、一体どれくらいを目安に食べきればいいのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

冷蔵保存の場合

ミニトマトを冷蔵庫で保存した場合は、大体数日から1週間程度であれば、美味しく食べることができるでしょう。

ただ、販売されているミニトマトの状態によっては(例えばひび割れしている等)、1週間も日持ちしない可能性もあります。

常温保存の場合

常温で保存しておいた場合の日持ちが気になる人もいると思います。

 

ミニトマトを常温で保存したとしても、すぐに腐ってしまう事はありませんが、赤く熟しているものであれば2日程度と思っておきましょう。

まだ青いトマトの場合であれば、常温保存でも3日程度もちます。

ただし、それは夏以外の話です。

夏場など気温が高くなる時期に常温で保存していると、冷蔵保存した時よりも格段に早く劣化してしまいます。

基本的に、夏は冷蔵庫に入れて冷やしておきましょう

 

ちなみに、ミニトマトが青くて「まだそこまで甘くないだろうな」と思う場合には、敢えて常温で保存して熟すのを待つという方法もあります。(夏場以外です)

スポンサーリンク

腐ったミニトマトを見分ける方法は?

腐ったミニトマトを見分けるためには、その見た目に着目することが大事です。

 

新鮮なミニトマトは、色鮮やかで見るからにハリとツヤがあります。

しかし、腐ってしまったり、劣化が進んだりしているミニトマトは、実がかなり柔らかくなってしまっていて、場合によってはカビが生えていることもあります。

このような場合は、無理して食べずに捨ててしまうことをおすすめします。

 

また、お弁当に入れる際には、少しでも熟しすぎているミニトマトなどは、傷みが進行してしまうため、極力入れないようにしましょう。

スポンサーリンク

ミニトマトが長持ちする保存方法は?

では、ミニトマトを少しでも長持ちさせるためには、どのような方法で保存すればよいのでしょうか。

ミニトマトの鮮度を少しでも保ちたい場合には、

ミニトマトのヘタを取る → 水で洗う → 水気をしっかりふき取る → タッパーに詰める →冷蔵庫の野菜室に入れる

という手順を取ることで、大体2週間くらいなら持たせることができるでしょう。

 

ミニトマトのヘタを取る理由は、ヘタの部分が一番カビてしまいやすいからです。

あらかじめヘタを取ることにより、カビてしまうことを防ぐことができ、結果として長持ちさせることができる可能性が高まります。

ミニトマトは冷凍すると良いって本当?メリットは?

ミニトマトは、常温保存や冷蔵保存だけでなく、冷凍保存することもできます。

ミニトマトを冷凍保存すると、たくさんのメリットを得ることができます。

では、どのようなメリットを得ることができるのか、詳しく見ていきましょう。

長持ちする

まずは長持ちします。

冷蔵保存の場合は大体1週間程度が限度ですが、冷凍で保存した場合は1ヶ月程度日持ちします。

 

また、ヒビが入ってしまったミニトマトは、そのまま冷蔵で保存すると腐ってしまう可能性が高いです。

ですが、そのようなミニトマトも冷凍保存であれば、より長持ちさせられる場合があります。

(とはいっても、私の場合はヒビが入っているミニトマトはすぐに食べるか、状態によってはすぐに捨ててしまっています)

皮が簡単に剥ける

ミニトマトの皮を剥く人は少ないと思いますが、小さい子供や年配の方が食べる場合には、固い皮を剥いて食べるという場合もあるでしょう。

そのような時には、あえて冷凍保存をしておくことをおすすめします。

冷凍保存をしておくことで、時間をかけることなく、簡単に皮を剥くことができますよ。

新感覚でトマトを楽しめる

特に夏場などは、アイスなどを食べて体を冷やしたくなると思います。

そんな時、冷凍トマトはとっても役に立ちます。

冷凍みかんや冷凍ぶどうを食べたことがある人は多いと思いますが、冷凍ミニトマトを食べたことがある人は少ないのではないでしょうか。

 

ミニトマトを冷凍することによって、新感覚の味を楽しむことができるため、ミニトマト好きには是非試してもらいたい食べ方の1つです。

ミニトマトを上手に冷凍する方法は?

ミニトマトを上手に冷凍するためのポイントは、ヘタを取って、良く水分をふき取ることです。

あとは、タッパーなどに詰めて冷凍庫にいれるだけですので、かなり簡単に冷凍することができます。

 

賞味期限を延ばしたい人や、新感覚のトマトが食べたい人は、是非試してみてくださいね。

まとめ(ミニトマトは冷蔵庫で保存が基本。賞味期限を延ばすには冷凍する)

ミニトマトの賞味期限は冷蔵保存の場合は、約1週間程度が目安です。

さらに日持ちをさせたい場合には、冷凍保存をするようにしましょう。

冷凍保存であれば賞味期限は約1ヶ月と長持ちしますし、新食感も楽しめますので一石二鳥ですよ。

ミニトマト好きの人は、こちらの記事もよかったらご覧くださいね
スポンサーリンク
おすすめの記事