バーベキューの一人当たりの予算相場は?会費の妥当金額は3000円!

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

バーベキューの幹事になった場合、一人当たりの予算をどうするかで悩みますよね。

人数が多ければ多いほど、そのBBQは楽しいイベントになります。

ですが、幹事の場合は一人当たりから徴収する会費を元に、食材や機材、場所などを確保しなければならないため、若干気を張ります。

 

この記事では、一人当たりのBBQの予算の妥当な金額相場や費用をおさえるコツを中心に、詳しく解説していきます。

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

バーベキューの一人当たりの予算は3,000円が相場

BBQの一人当たりの予算の決め方にはコツがあります。

 

それは、「先に、必要だと思う機材、食器類、食材などを全て考慮して会費を計算しない」ということです。

このやり方だと、とんでもない金額になってしまいます・・・

 

おすすめの方法は、「バーベキューに参加する人数から逆算する」ということです。

 

まず、一般的なバーベキューの会費の相場を知る必要があります。

ネット上には様々な意見が出ていますが、「BBQに5000円は高い」「5000円もするから参加したくない」といった声が目立ちます。

 

「5000円は高い」という感覚の人が大半であることから、どんなに高くても4,000円くらいまでに予算をおさめる必要があります。

バーベキューの会費の相場としては、一人当たり3,000円とするのが妥当なところだと思われます。

 

仮に、10人でBBQをする場合には、3,000円×10名で、30,000円を予算とすることができます。

このように参加人数から逆算して予算を割り出しましょう。

その合計予算の範囲で、機材や食器類、食材に割り振って購入していくという方法で進めるのがオススメの方法です。

 

スポンサーリンク

バーベキュー施設を使う場合は会費を下げられる

BBQをするためには、当然コンロや炭など火を起こして食材を焼くための機材が必要となります。

まずは、参加メンバーの中で、バーベキューの機材を持っている人がいないか確認をするようにしましょう。

 

ただし、もし仲間の中で、持っている人がいなければ、新たに購入しなければなりません。

そうすると、合計の予算が跳ね上がってしまい、「とても予算内におさまらない…」といったことが起きる可能性が非常に高いです。

 

ですので、少しでも会費を安く抑えたいのであれば、バーベキューをするための施設を借りてしまうのが良いでしょう。

 

BBQの機材が整っている施設であれば、レンタル料がかかるだけで機材にわざわざ予算をかける必要がなくなります。

特に、年に数回しか集まってBBQをしないという場合は、新しく機材を買ってもあまり使う機会がありません。

 

費用を抑えることができれば、その分でお肉のレベルをあげたり、飲み物類を足すことができますね

 

BBQの開催場所は参加者が集まりやすいところにするのが鉄則ですが、可能であればBBQ施設を利用するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

バーベキューの幹事になった場合の注意点

もし自分がバーベキューの幹事になった場合、気を付けることがあります。

それは、予算の追加です。

 

あらかじめ3,000円と決めていたのに、あとから「やっぱり一人4,000円必要だ」となった場合、中には、文句を言ってくる人もいます。

そのため、予算を見積もったら、余裕を持って割り振っていくことが大事です。

 

余裕を持って割り振るためには、必要な機材や食材、食器類などから決めていくのではなく、先ほど説明したように、あらかじめ予算を決めておいて、そこから割り振っていくことが大事になるのです。

 

そうすることで、予算が不足することもなく、予算内でしっかりとバーベキューが行えるように準備していくことができます。

バーベキューに必要な機材や小物類

バーベキューをするためには、機材や小物類が、実は結構必要だったりしますので、ご参考までまとめておきます。

 

まずは最低限、火を起こすために必要なものは次のとおりです。

BBQ施設を利用する場合は不要なものがも含まれていますが、念のためご確認ください。

BBQで火を起こすために必要な機材・小物類
・チャッカマン
・着火剤
・手袋
・トング(肉用、炭用)
・うちわ
・コンロ
・木炭
・折り畳み椅子、机  などなど。

 

更に、当然ながら食器類も必要になりますよね。

BBQで欠かせない食器類
・人数分の皿
・人数分の箸
・コップ
・調理器具
・ゴミ袋  などなど。

 

これらの小物類をそろえるのに心強い存在が、100円ショップです!

小物類や食器類などの準備に100均を利用することで、費用をぐっとおさえることができます。

100均を賢く積極的に利用しましょう!

バーベキューに必要な食材

バーベキューに必要な食材というのは、人それぞれ好みが違いますから一概には言えません。

しかし、一般的には、次のようなものでしょう。

BBQの食材といえば
・肉類
・魚類
・野菜
・果物
・お菓子
・飲み物
・タレ

これだけ食材の種類を用意しておけば、子供から大人まで楽しむことができると思います!

食材をなるべく安くゲットするなら、業務スーパーは非常にオススメです

 

お菓子や果物は、せっかくバーベキューをするなら「焼くと美味しいもの」を用意したいですよね。

こちらの記事が役立つと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

バーベキューの予算が余った場合はどうするべき?

予算に余裕を持って準備を進めていくと、予算が余ってしまうこともあります。

その場合は、食材やデザートなどを新たに追加するという方法が一番スマートでオススメです!

 

参加者に返金をしてもいいのですが、両替などの時間と手間が発生してしまい、幹事にとっては結構負担です…。

そのため、ちょっと豪華なデザートを用意したり、高級なお肉を用意したりするという方法が一番手っ取り早く、そして納得してもらえる方法になるでしょう。

 

ただし、余った予算の使い道については、事前にしっかりと参加者に確認を取らなければなりません。

確認を取ったうえで、「返金してほしい」という意見が多い場合は、手間はがかかりますが参加者に返金するようにしましょう。

 

当たり前のことですが、間違っても自分の懐にしまってはいけません。

「幹事をしているんだから」「大変な思いをして予算を組んだのだから」という気持ちがあるかもしれませんが、仲間の信用を失うことになりますよ。

 

予算が余ったら、まずは参加者に意見を聞く!これさえ覚えておけば大丈夫です。

まとめ

バーベキューの一人当たりの予算の妥当な金額は、3000円です。

どんなに高くても4000円までにしましょう。

100均や業務スーパーを上手に利用したり、バーベキュー施設の手配をしたりして、出費をおさえつつも楽しいBBQパーティーになるように頑張りましょう!

最後までご覧いただき、ありがとうございました
スポンサーリンク
おすすめの記事