炭酸ペットボトルを冷凍すると爆発する?対処法や安全に凍らせる方法とは

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

夏場などは、ペットボトルを凍らせて、中身をシャーベット状にしたいと思っている人も多いと思います。

しかし、炭酸が入ったペットボトルを冷凍庫に入れてしまうと爆発してしまう可能性があるのです。

この記事では、なぜ炭酸が入ったペットボトルを冷凍させると爆発してしまうのか、対処法はあるのかということについて、詳しく解説していきます。

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

炭酸ペットボトルを冷凍すると爆発のおそれあり

冒頭でも解説しましたが、炭酸が入ったペットボトルを冷凍すると、爆発してしまう可能性があります。

では、その理由について詳しく見ていきましょう。

炭酸ではなくても未開封のペットボトルは爆発する可能性がある

炭酸に限らず、未開封のペットボトルを冷凍させてしまうと、爆発してしまう可能性があります。

経験がある人もいるかもしれませんが、水のペットボトルだとしても、未開封のまま冷凍してしまうと、爆発してしまったり、容器が変形してしまったりする可能性があるのです。

 

その理由としては、冷凍することにより、内容物が膨張するからです。

ただでさえパンパンに入っているペットボトルの中身が、膨張するとどうなるか、きっと容易に想像できると思います。

ただ、炭酸ではない場合は、爆発ではなく、変形するだけで済むかもしれません。

未開封の炭酸ペットボトルは本当に危険!

未開封というだけで爆発の危険がありますが、これに炭酸という条件が加わってしまうと、かなり危険になります。

ただし、冷凍庫で爆発してしまうのではなく、解凍中に爆発してしまうことが多いのです。

というのも、炭酸水も凍らせると固体になります。

しかし、解凍して液体に戻る時に、炭酸ガスは気体になります。

 

冷凍した炭酸入りペットボトルを凍らせると、炭酸ガスがどんどん気体になっていき、ペットボトルがその圧力に耐えられなくなるのです。

そうなると、勢いよく爆発してしまう可能性が高まるのです。

スポンサーリンク

どうすれば炭酸ペットボトルを安全に凍らせることができる?

では、どうすれば安全に冷凍することができるのでしょうか。

その答えは簡単で、一度開封するだけです。

未開封で爆発する危険があるのであれば、開封してしまえばいいのです。

そして、開封するだけでなく、少し中身を減らしておくことも大切です。

そうすることで、中身が膨張しても、炭酸ガスで内部の圧力が増加しても、爆発を抑えられます。

 

実はもう1つ、炭酸を安全に冷凍したい場合に使える方法があります。

・しっかりと振る
・冷凍庫に入れて3時間半ほど待つ
・冷凍庫から取り出し、炭酸ガスを出す
・ペットボトルを数回叩く
・お皿などに移す

この手順で冷凍すると、簡単に、そして安全にシャーベットを作ることができます。

この方法は、過冷却という現象を利用していて、比較的安全に炭酸を凍らせることができますよ。

スポンサーリンク

凍らせた炭酸は開封したらどうなるの?

炭酸を冷凍し、解凍すると炭酸ガスが発生すると先ほど解説しました。

炭酸ガスが発生するということは、炭酸が抜けるということです。

そうなると、解凍後の炭酸の状態が気になります。

それでは詳しく見ていきましょう。

炭酸は弱まってしまうのか

基本的に、解凍した炭酸は弱くなっていることが多いです。

この理由に関しては、ほとんどの人が思っている通りだと思いますが、炭酸ガスが抜けてしまうからです。

 

とはいえ、全ての炭酸が抜けるというわけではなく、冷凍前と比べると炭酸が弱くなる可能性が高いということです。

そのため、コーラなど、炭酸が美味しさの秘訣になっている飲み物を飲む場合には、冷凍しない方が美味しく飲めると思います。

味は落ちてしまうのか

炭酸は冷凍すると弱くなります。

では、それと同時に味も落ちてしまうのでしょうかというと、これは飲み方次第と言えるでしょう。

 

中には、解凍中に我慢できずに飲んでしまう人もいます。

その状態の場合、最初は味がしっかりと残っていて美味しいのですが、後半になるにつれて味が薄くなり、まずいと感じると思います。

おすすめは、8割方解凍してから飲むという方法です。

そうすることで、冷えた状態で、かつ、比較的味を落とさずに飲むことができます。

うっかり未開封の炭酸ペットボトルを冷凍してしまった時の対処法

場合によっては、うっかり未開封の炭酸を冷凍してしまうこともあると思います。

もし冷凍した段階で気づいたのであれば、すぐに取り出すことをおすすめします。

多少凍っていたとしても、完全に凍っていなければ、それほど爆発の危険は高くないでしょう。

 

問題は、完全に冷凍してしまった場合です。

この場合は、当然爆発の危険性が高くなるため、慎重に扱う必要があります。

もしそうなってしまった場合は、凍った炭酸をタオルなどにくるむか、冷蔵庫で保管して急激な温度変化を与えないようにして、ゆっくり解凍しましょう。

そうすることで、爆発する危険性を少しでも下げることができます。

まとめ(炭酸ペットボトルの冷凍は対策なしでは危ないので対処法を知っておこう)

炭酸ペットボトルを何の対策もなしで単に冷凍庫に入れるのは、爆発の恐れがあるので危険です。

うっかり冷凍してしまった場合は、冷蔵庫に入れて急激な温度変化を与えないようにするなどして適切に対処しましょう。

凍らせたい場合には、一度開封すること、少しペットボトルの中身を減らすことを必ず守るようにしましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました
スポンサーリンク
おすすめの記事