レタスの外側の葉は生で食べられるの?農薬が付いてるって本当?

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

レタスの外側の葉は食べないで捨ててしまっているという人は、多いのではないでしょうか。

「農薬が付いているかもしれない」って不安になったり、「衛生的に問題があるんじゃないかなぁ」と思ってしまいますもんね。

この記事では、レタスの外側の葉は本当に食べられないのか、農薬がついているのかということについて詳しく解説していきます。

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

レタスの外側の葉っぱは生でも食べられる

結論からいうと、レタスの外側の葉は生でも食べることができます!

むしろ、レタスの外側の葉は非常に栄養価が豊富ですので、積極的に食べることをおすすめします。

 

具体的にはこの後解説していきますが、レタスの外側の葉っぱは、思っているよりも衛生的なんです。

そのため、今までレタスの外側の葉を捨ててしまっていたという人は、これからはぜひ無駄にすることなく、食べきるようにしましょう。

スポンサーリンク

レタスの外側の葉っぱを生以外で美味しく食べる方法

レタスの葉は、生でも食べることができるのですが、中には「どうしても生では食べたくない」と思っている人もいるかもしれませんね。

サラダなどで生のまま食べるイメージが強いレタスですが、火を通しても美味しく食べる調理方法がありますので、安心してください。

レタスを炒める

まずは炒め物にするという方法です。

レタスを生で食べると、どうしても衛生的に気になるという人は、お肉や他の野菜と一緒に炒めて食べることをおすすめします。

そうすることで、外側の固い葉も柔らかくすることができるので、より美味しく、そして安心して食べることができるでしょう。

火を通すことで、硬いレタスの外側の葉っぱも食べやすくなって、小さい子供や高齢者でも安心して食べることができるようになるはずです。

レタスをスープにを入れる

続いてはスープです。

体を温めて野菜もたくさん摂取できるので、健康のためにスープを飲むという人も多いですよね。

レタスの外側の葉は、スープの具としても有効活用することができますよ。

中でも、様々な野菜を入れて作るポトフがオススメです。

ポトフは、それぞれの野菜の旨味や栄養素を効率的に摂取することができるので、体にとっても良い料理だと思います(*^^)v

スポンサーリンク

レタスの外側の葉を捨てる人が多い理由は農薬?間違ったイメージとは

とはいえ、レタスの外側の葉は捨ててしまうという人が多いのも事実です。(私の友人達も捨てるって言ってました…)

なぜ、レタスの外側の葉っぱを捨てるのかというと、きっと、間違ったイメージを持ってしまっているためだと思います。

レタスの外側の葉は汚い?

まずは汚いというイメージです。

レタスの外側の葉っぱは、常に外の空気に触れていると思っている人もいます。

また、虫や土などが付着していると思っている人も多くいることでしょう。

 

しかし、売られているレタスというのは、食用塩素で5分間、そして流水で5分間洗い流すことが義務付けられています。

そのため、出荷されてからそのまま店頭に並ぶということは極めて少ないのです。

レタスの外側の葉っぱには農薬が付いている?

「レタスの外側の葉っぱには農薬がたくさん付着している」というイメージがありますが、実際には、レタスやキャベツはまだ育っていない小さい時に農薬をかけることがほとんどなので、ずっと農薬をかけ続けているというわけではないのです。

ですので、大量の農薬が付いているということはほとんどないと言えるでしょう。

また、この後解説しますが、私たち一般消費者の手元に届くレタスは、外側の葉が何枚か取られた状態のものであることがほとんどです。

スーパーではレタスの外側の葉を取って販売していることも多い

実は、レタスを生産している農家さんの中には、出荷前にレタスの外側の葉っぱを1枚~数枚取るところもあります。

田舎に住んでいる人であれば、レタスやキャベツの畑に無造作に葉っぱが落ちているというのは、見たことがある光景なのではないでしょうか。

そのように、すでに出荷段階でレタスの外側の葉っぱが捨てられていることもあるので、スーパーの店頭に並んでいるレタスは2枚目以降の葉が見えている状態になっていることも実は多いのです。

 

また、スーパーによっては、レタスが入ってきた時点で、レタスの外側の葉を捨てるという処理をしていることもあります。

ですので、どうしても気になるようであれば、店員さんに聞いてみることも1つの方法だと思います。

いずれにせよ、調理する際に、しっかりと流水で洗い流してあげれば大丈夫です

レタスの外側の葉っぱを食べたくないなら保存時に有効活用する

先ほど解説したように、レタスの外側の葉は、生で食べることもできます。

また、炒め物やスープにすると、葉がより柔らかくなるため美味しく、そして安全に食べることができるでしょう。

 

ですが、どうしても気になる場合には、レタスを長持ちさせるために有効活用することもできます。

レタスは、水分が蒸発すると酸化が進み、鮮度が失われやすくなってしまいますので、何かで包んで冷蔵庫で保存することが大切です。

レタスを買ってきたら、まず外側の葉を取って、その葉っぱを捨てるのではなくレタスに巻いてから保存してあげることで、比較的持ちが良くなりますので、気になる方は試してみてくださいね。

まとめ(レタスの外側の葉っぱは生で食べられる)

レタスの外側の葉は栄養価が豊富で、生で食べることもできますし、スープなどに入れて食べるのもオススメです。

出荷段階やスーパーなどで、レタスの外側の葉は数枚ほど取られていますので、農薬の心配もほとんどなく、流水でしっかり洗って食べれば大丈夫です。

ちなみに、玉状のレタスよりもリーフレタスの方が、ビタミンやβカロテンが豊富に含まれているので私はよく食べてます

スポンサーリンク
おすすめの記事