マクドナルドハワイアンパンケーキのカロリーや糖質は?時間帯はいつでもOK?

マクドナルドは夏シーズンが到来すると、期間限定のハワイアンバーガーが発売されます。

実は、2020年の今年は、ハワイアンシリーズの中に「ハワイアンパンケーキ キャラメル&マカダミアナッツ」という新メニューが登場するんです(*'ω'*)

ハワイといったらパンケーキなので、これは絶対食べたい…!!! けどカロリーや糖質も気になるという方のために情報をまとめましたのでご覧ください。

ハワイアンパンケーキが食べられる期間や時間帯も合わせてご紹介します★

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

マクドナルドハワイアンパンケーキ2020のカロリーと糖質はどれくらい?

パンケーキにたっぷりのキャラメルクリームとマカダミアナッツがトッピングされた、マックのハワイアンパンケーキ。

見るからに美味しそうですが、その分、カロリーや糖質も高そうで、若干不安にもなりますよね(;^ω^)

ハワイアンパンケーキの栄養成分を調べた結果、以下のとおりです↓

ハワイアンパンケーキのカロリー
1食当たり:400kcal

ちなみに、朝マックで食べることができる「ホットケーキ」は、1食あたり319kcalです。

これにバターのカロリーが60kcal、メイプルシロップのカロリーが121kcalなので、仮に全てのバターとシロップを食べたとすると、合計で500kcalということになります。

朝マックのホットケーキ、想像以上にカロリー高めですね((+_+))

そう考えると、ハワイアンパンケーキはナッツもキャラメルクリームも含めて400kcalなので、見た目よりは可愛いカロリーに思えますね(*´з`)

ハワイアンパンケーキの糖質
1食当たり:49.1g
 ※糖質の数値は目安です。マクドナルドでは公式に糖質の数値を発表していませんので、栄養成分表のうち「炭水化物から食物繊維を引いた数値」を「糖質」として算出しています

ご参考まで、朝マックのホットケーキの場合は、糖質が49.9、メイプルシロップの糖質は30.2gなので、合計80.1gということになります。

糖質も朝マックホットケーキに比べると、ハワイアンパンケーキの方が少なめと言えますね(^^)

スポンサーリンク

マクドナルドハワイアンパンケーキ2020が食べられる期間と時間帯は?

「ハワイアンパンケーキ キャラメル&マカダミアナッツ」の販売期間は、2020年8月5日(水)から8月下旬頃までとなっています。

販売終了日は各店舗の在庫状況によって多少前後しますので、あくまで目安ということで考えておきましょう!

 

マックの人気定番メニューに「ホットケーキ」がありますが、こちらは朝マック限定商品となっているので、食べられる時間帯は開店から10時30分までに限られています。

今回、期間限定で販売される「ハワイアンパンケーキ」は、朝マックはもちろんレギュラータイムでも食べることができます(*^^)v

個人的には、ハワイアンバーガーも食べたいので、カロリー度外視で(笑)、食後のスイーツとして食べたいなぁって思っています♪

2020年のハワイアンバーガーの種類については、以下の記事を参考にご覧ください↓

スポンサーリンク

まとめ(マックに行ってハワイアンパンケーキを堪能しよう!)

2020年のハワイアンシリーズの新メニュー「ハワイアンパンケーキ キャラメル&マカダミアナッツ」のカロリーと糖質は、以下のとおりです。

ハワイアンパンケーキのカロリーと糖質
カロリー:400kcal
糖質:49.1g

お値段は単品で290円というお手頃価格ですので、マックに行って、気軽にハワイアン気分も味わいましょう♪

ただし、期間限定商品なので、食べ損ねることのないように、気になる人は8月最後の土日くらいまでには買いにいくのをオススメします★

スポンサーリンク
おすすめの記事