キャベツの黒いつぶつぶの斑点はカビ?新鮮なものを選ぶ方法と保存方法

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

キャベツは、日本人にとってかなり身近な野菜なので、「3食のうち、必ずどこかでキャベツを食べるようにしている」という人も多いかもしれないですね。

そんなキャベツですが、たまに、黒いつぶつぶの斑点が表面にできているのを見たことはないでしょうか。

この記事では、キャベツの黒いブツブツの正体とそれを食べても大丈夫なのかをはじめ、新鮮なキャベツの見分け方、鮮度を落とさない保存方法などについて、詳しく解説していきます。

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

キャベツの黒いつぶつぶ斑点の正体はカビではない?

最初に結論をお伝えすると、キャベツの黒いつぶつぶは、キャベツに含まれるポリフェノールが原因となって起こる変色です。

そのため、健康上、全く問題なく食べることができます。

ですが、身体に問題はないにしても、味が落ちてしまっている可能性はあるので、気になる場合には切り落としてしまっても良いと思います。

 

この現象は、キャベツの水分が凍ってしまうことが原因で引き起こってしまうことがあるとされているので、特に冬の時期に多く見られます。

また、これと似た現象は、白菜にも起こりますが、キャベツと同じような現象ですので、食べても健康上問題はありません。

スポンサーリンク

キャベツの葉やキャベツの芯が変色し始めたら注意

キャベツの表面に黒い斑点が出た場合でも、問題なく食べることができますが、キャベツの葉や芯が茶色く変色したり、黒く変色したりした場合には注意が必要です。

では、なぜ注意が必要なのかということについて、詳しく解説していきます。

キャベツの腐り始めの可能性大

キャベツの芯や葉が変色してしまった場合には、腐り始めている可能性が高いです。

変色した部分を触ると、ぬるっとしたり、変な臭いがしたりすることもあります

そのような状態のキャベツを食べてしまうと、健康上問題が出てくる場合がありますので、食べずに捨ててしまうことをおすすめします。

どうしても、もったいないと感じる場合には、その部分を切り落とすことで食べることができるようになりますが、あくまでも変色した部分が少ない場合です。

キャベツが全体的に色が変わってしまっていたり、ぬめりや異臭が目立ったりする場合には、お腹を壊してしまう可能性があるため食べないようにしましょう!

虫食いの可能性大

黒っぽい変色部分は、虫食いの可能性もあります。

単なる虫食いであれば、あまり問題はないかもしれませんが、本物の「虫」が付着していたりした場合には、気持ち悪くて食べられませんよね。。。

ただ、質の良い無農薬野菜などには虫が付きやすく、新鮮である証拠でもあります。

新鮮なキャベツであるのは良いことですが、虫の糞や虫が付着してしまっている場合には、しっかりと綺麗に水で洗い流すか、気になるようならその部分は捨ててしまうようにしましょう。

スポンサーリンク

黒いブツブツっとした斑点がないキャベツの選び方は?

ポリフェノールが原因の黒い斑点であれば、問題なく食べることができます。

とはいうものの、できることなら黒い斑点がなく、見た目的にも綺麗なキャベツを食べたいものですよね。

黒いブツブツ斑点のないキャベツの選び方について、詳しく見ていきましょう。

カットキャベツを選ぶ

スーパーなどに行くと、キャベツが丸ごと売っている場合と、カットされた状態で売っている場合がありますよね。

どちらを選ぶかというのは、家族の人数やどんな料理を作るのかによっても異なると思いますが、黒い斑点のないキャベツを選びたい場合には、カットキャベツを選ぶのがおすすめです。

 

キャベツを丸ごと買った場合には、当然キャベツの表面しか見ることができないため、中の状態がどうなっているのかを判断することができません。

ですが、カットキャベツを買うことで、中の状態までしっかりと見ることができ、黒い斑点があるかないかを正確に見極めることができるのです。

もっとよく確認したいという場合には、鬼葉がはがされている物を選ぶようにすると良いと思います。

新鮮な春キャベツと冬キャベツそれぞれの見分け方を知る

新鮮でおいしいキャベツを選ぶためには、黒い斑点ばかり見ているのではだめです。

新鮮な春キャベツを選ぶ場合には、

・芯が小さく、水気を帯びている
・葉がふっくらしている
・葉にハリがある
・色がきれい

というような特徴を持ったキャベツを選ぶようにしましょう。

 

一方で、冬キャベツの場合には、

・芯に水気を帯びている
・重みがある
・葉っぱがしっかりと巻かれているもの

を選ぶことが大切になってきます。

この見分け方を知っていれば、選ぶときに安心ですね

キャベツの鮮度を落とさない保存方法は?

キャベツの鮮度を落とさずに保存したい場合には、芯をくり抜いて丸ごと保存する方法がオススメです。

キャベツの芯は、一番水分を溜め込んでいる場所なので、その場所をくり抜くことで、本来なら芯に行ってしまうはずの水分が葉っぱ全体に行き渡りやすくなるのです。

以下のような専用グッズを使うと、簡単にキャベツの芯だけを取ることができますよ(*^^)v

 

「できるだけ早く食べる」というのがもちろん一番大切な基本ですが、どうしても食べるまでに時間がかかるという場合には、この方法で保存してみてくださいね。

芯を取り除くのがどうしても面倒な場合は、テレビでも話題になった「ベジシャキちゃん」を使うというのもアリかも…

まとめ(キャベツの黒いつぶつぶ斑点はカビではなくポリフェノールなので食べられる)

キャベツの表面に見られる黒いブツブツ斑点は、カビではなくポリフェノールが原因で発生するものなので、問題なく食べることができます。

ですが、見た目的には、斑点もなく変色もしていない、綺麗なキャベツの方がもちろん望ましいと思うので、上でご紹介した方法で新鮮なキャベツを見分けて選ぶようにしましょう。

鮮度を落とさない保存方法は「キャベツの芯を取る」ということがポイントです
スポンサーリンク
おすすめの記事