台風の日にデートや遊びの予定を上手に断る方法!断り方のポイントまとめ

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

台風の日に予定が入っていた場合、ほとんどの人が「行きたくないな」と思うはずです。

それもそのはず、台風というのは強い雨や風が吹くため、むやみに外出するとケガをしてしまう可能性が高くなります。

そのため、できれば台風の日には家でじっとしていることがおすすめです。

 

ですが、相手が「台風でも全然OK!」というタイプの場合もあります。

そうなると、自分の意見を言うのが苦手な人や、控えめな性格の人は、断りにくいということもあると思います。

 

仮に、相手がそのような価値観の場合、相手の意見に従って、嫌々外出するしか方法はないのかというと、そんなことはありません。

台風が直撃する日にデートや遊びの予定が入っていた場合の上手な断り方について解説しますので、参考にしてみてくださいね。

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

台風の日のデートや遊びの予定の上手な断り方

予定を断れないという人は、「相手に悲しい思いをさせたらどうしよう」「ドタキャンされたと思われたらどうしよう」ということが気になっているのではないでしょうか。

私もこういうことは言い出しにくいタイプなので、気持ちはよくわかります

 

ですが、言葉選びを上手にすることができれば、相手に嫌な思いをさせずに予定を断ることができます。

そうすれば、相手を傷つけることなく、台風で自分や相手がケガをしてしまうことも未然に防ぐことができるのです。

 

それでは、上手な断り方について、早速ご紹介していきます。

 

別の日を提案する

まずは別日を提案するという方法です。

 

「明日は台風が来るみたいだから、予定をずらさない? 〇日と〇日なら私は大丈夫だけど都合はどうかな?」

 

こう伝えることで、相手が嫌な思いをすることなく、納得してくれる可能性は非常に高いです。

単に断ろうとしているだけでなく、具体的な代替日程も提示するということが大切なポイントです。

 

例えば、「明日の予定はやっぱりやめない?」「台風が来るから明日は中止にしよう」等と、単に予定の中止だけを言うのはダメです。

このような断り方では、相手がショックを受けたり、怒ってしまったりすることもあるでしょう。

 

しかし、「別日にしよう」と提案をすることで、相手を傷つけることなく、怒らせることなく予定を断ることができるのです。

あくまでキャンセルの理由は台風であって、会いたくないわけではないということを伝えることが重要です。

具体的な日程の提案もあれば、相手と遊びたい・デートしたいという気持ちは伝わりやすいです。

お互いの安全や存分に楽しめない可能性を伝える

次に、台風の日に出歩くことで、ケガをしてしまう危険があるということをしっかりと伝える方法です。

 

「風も雨も強いみたいだし、ケガをしてもいけないからまたにしない?」

こう提案をすることで、相手も納得してくれるでしょう。

 

また、デートの予定がある場合には、台風が来ていて危険なことに加え、どこに行っても存分に楽しむことができないということを伝えましょう。

「その代わり晴れている日にゆっくり出かけない?」と伝えると、なお良いと思いますよ。

スポンサーリンク

ドタキャンと思われない「台風を理由に断る上手な方法」のポイント

台風というのは、前々から予測できる物ではありません。

 

そのため、台風が来るという予報が出てから断ると、「ドタキャンされた」と思われてしまう可能性があります。

 

そうなってしまうと、相手が怒ってしまうこともありますし、お互いのことを思って断ったのにドタキャンだと思われるのはあまりいい気分ではありませんよね。

では、ドタキャンだと思われないようにするためには、どのような方法を試せばいいのでしょうか。

ポイントを解説します。

台風が原因であるとしっかり伝える

まずは台風が原因だとしっかりと伝えましょう。

 

台風について少ししか触れないと、「面倒くさくなったから台風を理由にして断ろうとしているな」と勘ぐられてしまいます。

そのため、「本当は行きたいけど、台風が来るみたいだから・・・」というような感じで断るようにしましょう。

できるだけ早めに連絡をする

台風というのは、前日に発表されるものではありません。

大体は、数日前にニュースで取り上げられます。

 

そのため、その予報が遊びに行く日と被りそうだと分かった時点で、早めに連絡をすることが大事です。

 

あなたは台風の日に出かけるのは嫌なので、台風予報が出た段階で悩むかもしれません。

ですが、もしかしたら、相手は台風だろうが何だろうが、全く気にしないタイプかもしれないのです。

 

あなたが、遊びに行くかどうかをいつまでも悩み、台風の前日に思い切って連絡をするとします。

すると、相手にとっては「台風で遊びをキャンセル」なんていう価値観がないため、直前にキャンセルされたというショックが大きいです。

 

そのため、「もっと早く言ってよ」と思われたり、「ドタキャンされた」と思われる可能性もあるのです。

 

そのようなことを避けるためにも、台風の予報が出た時点で、すぐに相手と相談をするようにしましょう。

台風の規模が大きいようであれば、「とにかくその予定はやめて、別日にずらそう」ということを相談して、早めに決定することが大切です。

他に楽しめることを探す

台風の日というのは、基本的に遊びに行く人が少ないです。

しかし、相手が外出好きの友達や、デートを楽しみにしていた彼女・彼氏の場合は、どうしても会いたい、出かけたいと思うかもしれません。

 

その場合は、先ほどご紹介したとおり「別日にしよう」と、次の予定を決めてしまうことがおすすめです。

 

もし、それができないのであれば、お互いがお互いの家にいながらできる遊びを考えることも大切です。

今の時代では、スマホ1つでどこにいても声を通信できるゲームなども多くあります。

 

そのような代替案を提案することで、相手が快く受け入れてくれる可能性を高めることができます。

スポンサーリンク

まとめ

台風の日は、デートや遊びに行きたくないと思っても、実は相手は「台風でも予定を変えなくて全然OK!」というタイプかもしれません。

そのような相手に対して断る方法としては、「台風が理由である」ということ、そして、「具体的な代替日程を提示する」ということが大切です。

せっかくのデートや遊びなら、天気のことは気にせずに楽しめるのが一番です。

ご紹介した上手い断り方を参考にしながら、台風の日は自宅などの安全な場所で過ごしてくださいね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました
スポンサーリンク
おすすめの記事