目黒川の桜!おすすめルート・スポット・お花見クルーズについて紹介します

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

目黒川といえば、都内有数の桜の名所です。

きっとこの記事を読んでくださっているあなたの「今年のお花見候補地」にもなっているのではないでしょうか。

 

この記事では、

「どこで見るのが一番いいのかな」「どんなルートをたどれば良いのかな」という疑問を持っているあなたのために、

目黒川の桜を楽しむためのおすすめルートやおすすめスポット、お花見クルーズ等についてご紹介していきます。

 

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

目黒川の桜の見どころ

目黒川の桜で一番の見どころは、なんといっても桜並木です。

歩けど歩けど続く桜並木は、春の訪れを感じさせてくれる風物詩でもあり、毎年観光客や見物客を楽しませてくれています。

 

スポンサーリンク

目黒川の桜を楽しむためのおすすめルート

目黒川の桜をより楽しんでみるためには、ルート選びが非常に大切です。

そこで、おすすめルートをいくつか紹介していきます。

 

中目黒から目黒方面

まずは中目黒から目黒方面へ向かうルートです。

徒歩で約30分です。

中目黒の特徴として、オシャレなカフェやお店が軒を連ねていることが挙げられます。

また、中目黒駅からすぐの場所には、桜並木があるため、オシャレなお店に立ち寄りつつ、桜並木を見て、目黒駅から帰るというのも、無駄な時間がなく楽しめる方法の1つです。

 

更に、中目黒桜祭りも、中目黒駅から約3分で会場に到着します。

そのため、あまり歩きたくない人や効率よく綺麗な桜を見たい人にはかなりおすすめのルートです。

 

ただし、ライトアップされた桜とはほぼ逆方向になってしまうため、昼間の散策や昼間の桜が見たいという人におすすめです。

 

池尻大橋駅から中目黒駅方面

池尻大橋駅は、中目黒駅と比べると比較的空いているため、小さい子供と一緒でも安心して楽しむことができます。

目黒川沿いに歩いて、徒歩約25分です。

このコースでは夜桜のライトアップが楽しめるため、昼間の桜ではなくライトアップ目当てで集まる人もとても多いです。

 

家族で夜桜を見る人たちも大勢いますが、カップルで夜桜デートをするのも、ロマンチックかもしれません。

 

目黒駅から不動前駅

空いている時間にサクッと見たいという人には、目黒駅から不動前駅のルートがおすすめです。

徒歩で約15分です。

このコースは非常に移動時間が短く、隙間時間で桜を堪能することができます。

また、目黒不動尊でお参りをすることもできるため、桜だけでなく周辺探索も楽しみたいという人にもおすすめです。

 

スポンサーリンク

目黒川の桜を楽しめるおすすめスポット

目黒川の桜を見るためのおすすめスポットがいくつかありますので、ご紹介します。

イーストエリア桜祭り

イーストエリア桜祭りは、例年、4月の第1土曜日・日曜日の2日間で10:00~18:00の時間帯で開催されます。

会場は「田道広場公園」です。

このイーストエリア桜祭りの主催は地元の商店会で、みたらし団子や焼き鳥などの出店があるほか、全国で人気のゆるキャラが登場したりもします。

また会場の近くには、様々なレストランやカフェもあります。

桜を見ながらお茶をしたり、人混みに疲れたらレストランでお腹を満たしたりすることもできるため、小さい子供がいても安心して楽しむことができますよ。

 

中目黒桜祭り

中目黒桜祭りは、中目黒駅を降りてすぐの「合流点遊び場」という会場で行われます。

このお祭りの特徴としては、桜だけでなく地元の小学生による様々な催しものが見られるということです。

桜以外にも楽しめる要素があるため、是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

目黒川の桜を見るときには、橋の上は絶対外せない場所です!

というのも、目黒川沿いは橋の両サイドに桜が咲いているところが多く、橋の真ん中から見ることでより綺麗に見えるのです。

 

目黒川にはいくつもの橋がありますが、その中から2か所をピックアップしてご紹介します。

 

桜橋

桜橋は、まさにその名前通り、桜を見るための名所となっています。

この桜橋は、川幅が非常に狭いため、綺麗な桜景色を見ることができるのです。

その絶景から、「桜のトンネル」と呼ぶ人もいるほどです。

ふれあい橋

田道広場公園すぐの「ふれあい橋」も、おすすめスポットです。

先ほどご紹介したイーストエリア祭りも楽しめるため、一石二鳥となります。

人混みが苦手な人は目黒川の「お花見クルーズ」が特にオススメ

目黒川の桜を見るときに、「人混みが嫌だから避けたい」と思う人もいるでしょう。

 

そんな人には、お花見クルーズがおすすめです。

ゆったりお花見できて、現実を忘れちゃう、あっという間の70分だったなぁ

 

注意点としては、お花見がしやすいよう屋根のない船のため、割と風を感じます。

昼間でも結構寒かったので、防寒対策は忘れずにしていきましょう!

 

お花見クルーズの概要は以下のとおりです。

お花見クルーズの概要
・運航日:3月下旬から4月上旬(開花状況による)
・乗船場所:品川 天王洲ヤマツピア桟橋
(交通アクセス・最寄り駅)東京モノレール・りんかい線「天王洲アイル駅」徒歩5分、京浜急行線「新馬場駅」徒歩8分
・乗船時間:約70分
・乗船人数:最大40名
・形態:乗合クルーズ
・料金(事前予約):大人 3,900円 / 小人 2,900円(4~12歳)
料金(当日予約):大人 4,500円 / 小人 4,000円(4~12歳)
※料金には、乗船料・消費税が含まれます
※4歳未満の乳幼児は同伴の大人1名に対し1名無料。2人目以上は小人料金が適用となります。
・その他:全席自由席、トイレ完備
※船内での飲物、料理のサービスはありません。
※小雨決行、荒天中止。

 

私は過去に1度乗ったことがあるのですが、残念ながら土日は予約が取れず、平日に無理して有給休暇を取ったことを思い出します…。

何が何でも土日に乗りたいという方は、事前予約を必ずしましょう!

事前予約は、料金もお安くなるのでお得ですよ

 

予約は、運営会社ZEAL(ジール)の公式サイトからできます。

まとめ

このように、目黒川周辺で桜を見る場合には、様々なルートやスポットがあります。

小さい子供と一緒でも楽しめるポイントや、デートでおすすめの場所などもありますので、シチュエーションに合わせて行く場所を変えてみると良いでしょう。

 

ルートごとに異なる桜の魅力を感じとることができるため、機会があれば、お花見クルーズも含めて、全てのルートに足を運んでみることをおすすめします。

両サイドで咲き乱れる桜を間近で見ることができる「目黒川の橋の上」だけは絶対外せないスポットですよ

 

次の記事もよかったら参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事