バレンタインにチョコが欲しいと言われた!催促するその心理とは

こんにちは、knowledge pit へようこそ!

 

バレンタインデーの話題が出る頃に男性から「チョコが欲しい」と催促されたことってないですか?

あれってどういう意味なんでしょうね。

意味合いによって、どうすればいいのか違ってきますし…。

 

そして、バレンタインデーが来るといつも不思議に思うのですが、どうして男性はバレンタインデーのチョコにこだわるのでしょうか。

お目立ての女性からならばともかく、100%の義理チョコ、1000%の営業チョコでもなんだか嬉しそうにしてくれている気が…。

この記事では、バレンタインのチョコに対する男性の心理について考えてみたいと思います。

 

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

チョコが欲しいと催促するのは好意があるから? 何とも思っていないから?

男性がバレンタインのチョコを催促するのは、好意を寄せているからとは限りません。

勿論、あなたに好意を寄せていて、その告白に近い意味で、チョコを催促している場合もあります。

 

しかし、ただ単に、バレンタインデーに誰かからチョコをもらいたいという意味だけの時もあるようで、

この場合はあなたに好意を寄せているわけではないということになります。

 

スポンサーリンク

バレンタインにチョコを催促する心理とは?  

男性がバレンタインにチョコを催促するのは、必ずしも好意の証ではない可能性があります。

そもそも男性がバレンタインのチョコにこだわる理由として、どのようなことが考えられるのでしょうか。

男性はモテたがり

男性はとてもモテたがりです。いつも誰かにモテていたい、モテモテの自分でありたい、そんな気持ちがあるようです。

 

もちろん女性だって男性にモテたいという気持ちはあると思いますが、

それは「自分が好きな相手から好かれたい」というリアルなものだと思います。

 

男性の場合はモテてる自分が好きなのかもしれません。

現実世界では滅多にみかけませんが、本当は心の中はワンピースのサンジくんのような感じの男性が実は多いのかも?!

 

男性はさみしがり屋

男性はさみしがり屋で、バレンタインデーという騒ぎの中で取り残されてしまう自分が嫌だということも考えられます。

ですので、チョコを貰ったという事実だけで男性は安心してしまうのです。

 

「自分はチョコをもらわなかった」ではなく、「自分だけがチョコ」をもらわなかったというのが怖いのかもしれませんね。

 

男性は見栄っ張り

また、男性は本質から離れた部分で見栄を張りたがる傾向があるようです。

 

女性でも例えば、洋服やバッグ、アクセサリーなどの持ち物を周りと比べて見栄を張りたいことはありますが、

それは本当に存在するリアルなものですよね。

 

その点、男性がこだわるのはチョコそのものというより、もらったチョコの数だったりします。

 

「自分は今年はチョコを○個もらった」と言って自慢してみたり、

「軽トラに一台分あった」といった”つまらない冗談”を言ったりするのは、

意味もないもので競いたがるというプログラムが男性のDNAには組み込まれているのかもしれません。

 

男性は怖がりで恥ずかしがり屋

ここまでの「モテたがり」「寂しがり屋」「見栄っ張り」というのは、

相手の女性への気持ちとは関係なしに催促するようなケースに当てはまると考えられる心理です。

 

しかし、怖がりで恥ずかしがり屋な男性は、

相手に対して好意をいだいているのに直接打ち明けられなくて、バレンタインのチョコの催促という形になってしまったという場合もあります。

その場合は、チョコを渡すということが相手の好意への返答と思われてしまうかもしれません。

ですので、その男性に好意がない場合は、チョコを渡さないか、渡すとしても本命と勘違いされないようなチョコが良いと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

男性がバレンタインのチョコを催促する心理についてみてきました。

案外、男性にとっては、バレンタインデーにチョコが貰えるか貰えないというのは大変なことなのかもしれませんね。

 

女性は、すでに友チョコや自分チョコといった風にどんどん自分達が楽しむイベントに変えていっていますが、

男性にとっては、まだまだ違うようです。

 

男性からチョコを催促された場合は、男性心理を読み間違えないようにしましょう。

男性心理を理解して、チョコを渡すか渡さないか、渡すとしたらどんなチョコをどうやって渡すか検討してみよう!

以下の記事も参考になりますので、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク
おすすめの記事