マスクがずれない方法ならコレ!ずれる原因は耳の紐と鼻のワイヤーにある?

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

風邪予防や花粉症対策、新型コロナウイルスやインフルエンザ等の流行病対策などでマスクを利用する人は多いと思います。

ただ、なぜかよく分からないけど、会話をしたりするとマスクが顔からずれ落ちるようなことって、ありませんか?

この記事では、マスクがずれない方法をご紹介しますので、ずり落ちでお悩みの人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

マスクがずれる原因を知って解決するのが一番の対処法

マスクがズレない方法はいくつかあるのですが、あなたのマスクがズレる原因が何であるかによって、その対処法は変わってきます。

まずは、マスクがズレる原因を知って、ご自身がどれに当てはまるのかを考えてみてくださいね。

原因ごとに対処法も解説します。

マスクのサイズが自分の顔のサイズと合っていない

一番に考えられる原因は、マスクのサイズが合っていないということです。

恐らく、マスクがずり落ちてしまうという人のほとんどが当てはまるのではないかと思います。

 

マスクのサイズが合っていないと、ずり落ちるのは勿論のこと、せっかく風邪や花粉症予防のために使っていても、その効果は半減してしまいます。

この状態では、マスクをつけている意味はほとんどないに等しいですね…

 

この問題の解決策としては、自分自身の顔のサイズと合うマスクを選んで、正しく付けるということになります。

具体的なマスクの選び方については、以下の記事で詳しく解説していますので、チェックをしてみてください。

 

 

マスクの正しい付け方ができていない

続いて考えられる原因は、マスクのサイズは合っているにも関わらず、マスクを正しく付けることができていないというパターンです。

これについては、「鼻のワイヤーとプリーツを正しく使えていない」という言い方もできるかと思います。

 

マスクがずれる原因となりうるポイントは、次のとおりです。

・鼻のまわりとマスクの間に、すき間ができている
・鼻の頭まで覆った状態でマスクをしていない
・頬とマスクの間に、すき間ができている

 

このようなマスクの付け方をしていないか、今一度、思い起こしてみてください。

もしも「当てはまってる…」という場合は、マスクのワイヤーを鼻の形にきちんと合うよう整えて、プリーツタイプであれば顔全体をしっかり覆うように広げてみてください。

 

詳細は、先ほどご紹介した記事の中でも解説していますので、参考にご覧くださいね

 

マスクの紐が伸びてしまっている

マスクがずれる原因として、考えられることがもう一つあります。

それは、マスクの紐に問題がある場合で、主に「マスクの紐が伸びてしまっている」ということです。

 

この場合は、ゆるんでしまったマスクの紐を対処することで、ずり落ちを防止することが可能になります。

具体的には、

・マスクの紐を自分に合う長さに調整する
・女性の場合は、マスクを付けた状態で、マスクの紐ごと髪の毛に向かってヘアピンで留める

という方法を使えば、簡単に対処することができます。

 

マスクの紐を自分のピッタリの長さに調整する方法は、こちらの動画を見たら、とっても簡単にできました

 

今までは、マスクの紐を真ん中あたりで切って、ずり落ちなさそうな適当な長さのところで結ぶ、という対処法を使っていました。

ですが、この動画のとおりやったら、それよりも遥かに簡単に調整できたので、この方法を知れて良かったです。

スポンサーリンク

マスクのずれ防止グッズを使うのもアリ?

ここまで解説してきた、マスクがずれる原因と、原因に合った対処法を行うことで、ズレ落ちるという悩みは解決することと思います。

ただ、中には「マスクがずれないグッズがあるなら使ってみたい」という人もいるかもしれませんので、参考までご紹介します。

 

まずは、マスクのずれ防止に特化して作られている「マスクにはるこちゃん」という商品です。

TVでも取り上げられたことがある、便利なアイディアグッズです

 

あとは、鼻とのすき間を埋めるという発想から、マスク着用時のメガネの曇りを防止するという製品も、マスクのずれ防止に役立ちます。

売れ筋商品はこちらです

グッズ対策にも興味がある方は、試してみてくださいね。
スポンサーリンク

マスクをずらす行為はとっても危険

マスクがずれてしまうということに悩んでいる人は、故意にマスクをずらすようなことはしないと思います。

ですが、故意じゃないにしても、マスクがずれてしまうということは危険な行為でもあるということは、理解しておく必要があります。

 

会話をしている最中などにマスクが勝手にずれてきてしまうということは、恐らく、マスクは、顎の下の方へと落ちてきてしまっている状態だと思います。

 

顎の下の方というのは、肌が露出しているので、ウイルスや菌が付着している可能性があります。

ということは、一度ずり落ちてしまったマスクを、再び、元の位置に戻すということは、マスクに付着したウイルス等が口や鼻から体内に入りこむ可能性があるということです。

 

ですので、マスクがずれてしまった場合は、思い切ってそのマスクを処分することが、感染対策のためには大変重要です。

まとめ

マスクがズレるというお悩みがある方は、ズレる原因を把握して、原因別のズレない方法で対処することで、その問題を解決することができます。

ご紹介した方法を、ぜひ実践してみてくださいね。

「一度ズレてしまったマスクは使わない」ということも覚えておきましょう
スポンサーリンク
おすすめの記事