お茶は飲み過ぎると太るの!?種類別のデメリットや目安量とは?

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

お茶は健康にも良いと評判ですが、飲みすぎると太るという噂も出回っています。

この記事では、お茶を飲みすぎると太るのかをはじめ、お茶を飲むことのデメリットや目安量などについて解説します。

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

お茶は飲み過ぎても太らない

お茶は飲みすぎても太りません。

なぜなら、カロリーが極端に低いからです。

 

そのため、「お茶を飲み過ぎると太る」という間違った噂を信じてしまっている人は、これを機に正しい認識をすることが大切です。

とはいっても、たくさんお茶を飲んでしまうことはあまりよいことではないのです。

では、どのようなデメリットがあるのかを詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

お茶の飲み過ぎによるデメリットは?

お茶をたくさん飲みすぎても、太る可能性は低いです。

しかし、たくさん飲みすぎると「太る」以外のデメリットがあるのです。

カフェインによる作用

まずはカフェインの過剰摂取です。

お茶にはカフェインが含まれているものが多いのですが、カフェインを過剰摂取してしまうと、覚醒状態になってしまったり、下痢や嘔吐などの症状が出てしまったりする場合もあります。

お茶のカフェインはそこまで多くはないのですが、飲みすぎには注意が必要です

タンニンによる作用

続いてはタンニンによる作用です。

タンニンという物質は、鉄分の吸収を阻害してしまうのです。

適量であれば全く問題ないのですが、飲みすぎてしまうと貧血状態になってしまう可能性があるため、特に貧血持ちの人はお茶を飲む量に気を付ける必要があるでしょう。

シュウ酸による作用

 続いてはシュウ酸による作用です。

シュウ酸というのは、ホウレンソウなど様々な食品に含まれている物質なのですが、過剰摂取してしまうと、尿路結石や腎不全などの原因になってしまいます。

スポンサーリンク

お茶の目安量は?一日どれくらいなら飲んでも良いの?

お茶を飲みすぎると、体にとってデメリットとなる場合があるということは、お分かり頂けたと思います。

とはいえ、「飲み過ぎの基準は?」と思う人もいるでしょう。

 

基本的には、お茶の量ではなくカフェインの量で判断することが大切です。

WHO世界保健機関では、一日300㎎であれば、カフェインを摂取しても良いとしています。

そのため、一日1ℓ程度のお茶であれば飲んで問題ありませんが、それ以上に飲む場合には、カフェインが入っていないお茶を選ぶことをおすすめします。

お茶がダイエットに効果的って本当?

お茶というのは、ダイエットにも効果的です。

冒頭でも解説しましたが、お茶のカロリーは極端に低いため、ジュースなどのカロリーが高い飲み物を飲むよりはダイエット効果に期待ができるのです。

また、カフェインも、場合によってはダイエットを手助けしてくれることもあるのです。

カフェインを体内に取り入れると交感神経を刺激することができるので、脂肪燃焼効果に期待できるといわれています

お茶の種類別デメリット

お茶といっても、様々な種類のお茶が販売されています。

そこで参考まで、お茶の種類別のデメリットについてまとめてご紹介します。

緑茶

まずは緑茶です。

緑茶を飲みすぎてしまうと、先ほど解説したカフェインやタンニンの過剰摂取となってしまう可能性があり、めまいや頭痛、動悸などを引き起こす可能性があります。

ウーロン茶

ウーロン茶にも、カフェインが含まれているため、緑茶と同じような症状が出てしまう可能性があります。

また、ウーロン茶を飲みすぎてしまうと、ポリフェノールの過剰摂取にもなってしまいますので、胃腸の不調が見られる場合もあります。

紅茶

紅茶を大量に飲むと、シュウ酸を過剰摂取してしまう事になります。

シュウ酸は先ほども解説したように、尿路結石などの原因になりますので、量に注意することが大事です。

ジャスミンティー

ジャスミンティーというのは、様々なお茶にジャスミンの香りを付けたものです。

そのため、基本的にはどのお茶がベースで作られているのかによって、デメリットが変わってきます。

ただ、利尿作用が高いといわれていますので、飲み過ぎると脱水症状を引き起こす可能性があります。

ルイボスティー

妊婦さんたちなどからも人気が高いルイボスティーですが、目立ったデメリットはありません。

ルイボスティーはノンカフェインですし、ミネラルも豊富なので安心して飲むことができます。

中には「ルイボスティの味が少し苦手かも…」という人もいますが、RTRoomのルイボスティはクセがないので、とっても飲みやすくて、私はかれこれ10年以上飲み続けています(*^^)v

気になる人は、お試しで1度だけでも注文してみると良いと思いますよ

プーアル茶

プーアル茶も目立ったデメリットはないようです。

ただ、若干カフェインが含まれている場合もあるため、飲みすぎてしまうと体調を崩してしまう可能性があります。

とはいっても、プーアル茶に含まれているカフェインの量は緑茶などに比べると少ないため、そこまで気にする必要はないかもしれません。

ごぼう茶

ごぼう茶もダイエット効果があると言われているお茶です。

カフェインが入っていない物を選べば、そこまで気を付ける必要はありません。

ただ、サポニンという物質が含まれているため、飲みすぎてしまうと下痢になってしまう可能性などもあります。

まとめ(お茶はカロリーが低いので飲み過ぎで太ることはないけど注意が必要)

お茶はカロリーが低いので、飲み過ぎたからといって太ることはありません。

ただ、お茶の種類によってはカフェインやタンニン、シュウ酸など摂りすぎるとよくない成分が含まれていたりもします。

何事も過剰摂取はよくないので、お茶を飲むのは1日1ℓ程度までにするなど飲み過ぎには注意するようにしましょう。

お茶の中でも、ルイボスティがカフェインゼロで安心して飲めるのでおすすめです
スポンサーリンク
関連キーワード
おすすめの記事