無塩バターとマーガリンの違いって?代用は互いにできるもの?

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

意外と「無塩バターとマーガリンの違いがよくわからない」という人は多いのではないでしょうか。

また、無塩バターがない時は、マーガリンを代用してもいいのかという疑問を持っている人もいると思います。

そこで、この記事では無塩バターとマーガリンの違いや、代用することはできるのかということについて、詳しく解説していきます。

無塩バターの賞味期限について気になる方は、こちらの記事も参考にご覧ください

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

無塩バターとマーガリンの違いって何?

それでは早速、無塩バターとマーガリンの違いについて見ていきましょう。

無塩バターの特徴

無塩バターは、牛乳を原料として作られています。

また、塩が入っていないことが特徴的です。

パンに塗って食べたり、お菓子を作る際に使ったりすることが多いです。

無塩バターは、マーガリンと比べると比較的値段が高いため、買うのも躊躇してしまうという人もいるかもしれないですね。

マーガリンの特徴

マーガリンは、植物性の油脂や動物性の油脂などを原料として作られています。

こちらもパンに塗って食べたり、お菓子作りに使用したりします。

無塩バターと比べると価格が安いので、どちらかというと一般家庭ではマーガリンを使っていることが多いです。

「自宅の冷蔵庫にマーガリンが入っていたのを見たことがある」という人も多いと思いますが、これくらいマーガリンはメジャーな食材なのです。

スポンサーリンク

無塩バターがない時はマーガリンを代用してもOK!

無塩バターを切らしてしまった場合には、マーガリンを代用しても問題ありません。

 

きっと中には「無塩バターは値段が高いからマーガリンしか買わない」という人もいると思いますが、そんな時もマーガリンを無塩バターの変わりとして使うことで、問題なく料理をすることができます。

 

正直なところ、マーガリンの方が塩分を多く含んでいるため若干しょっぱくなってしまう可能性もあります。

ですが、風味に大きな差が出るかというと「うーん…」という感じなので、それほどこだわらない人であれば、問題なく代用することができると思います(*^^)v

スポンサーリンク

マーガリンを代用してクッキーを作るとどうなる?

では、無塩バターの代わりにマーガリンを代用してクッキーを作った場合は、どのような出来上がりになるのでしょうか。

基本的にはマーガリンでクッキーを作っても、味が極端に落ちるということはありません。

むしろサクサク感が強くなったりして、美味しいクッキーを作ることができるかも

また、マーガリンだけでなく、ココアやチョコパウダーなども混ぜて作ることで、自由自在に味を変えることも可能なのです。

 

とはいえ、無塩バターに比べると香りや滑らかさの面で劣る場合があります

無塩バターに強いこだわりを持っている人からすると、少し違和感を覚えるかもしれません。

ですが、大幅に味が変わってしまうということはないので、節約して美味しいクッキーを作りたい場合には、マーガリンを代用してみることがおすすめです。

マーガリンを代用してパンを作るとどうなる?

無塩バターの代わりに、マーガリンを代用してパンを作ることも可能です。

マーガリンには水分が多く含まれているため、よりなめらかで、しっとりとした食感のパンを作ることができます

また、マーガリンでパンを作る場合であれば、比較的気軽に作ることができます。

なぜなら、ほとんどの家庭でマーガリンを常備していることが多いからです。

 

無塩バターが家にない場合には、わざわざ買いに行かなければなりませんが、マーガリンで作る場合には、思い立った瞬間に作り始めることができるのです。

ただし、クロワッサンなどの水分量が少ないパンを作る場合には、マーガリンだと少し風味が足りなくなってしまう可能性もあります。

そのため、作るパンによってマーガリンか無塩バターを使い分けることをおすすめします。

無塩バターの値段が高い理由は一体なぜ?

では、なぜマーガリンと比べると無塩バターの方が値段が高いのでしょうか。

その理由について詳しく見ていきましょう。

無塩バターにはリスクがある

無塩バターは塩が入っていませんので、商品の劣化も比較的早いです。

そのため、大量に仕入れてしまうと赤字になってしまう可能性があって、まとめて大量発注することでコストを下げるといったことが難しいのです。

このようなリスクがあるため、マーガリンと比べると値段が高くなってしまうのです。

無塩バターの需要は低い

先ほども解説したように、一般家庭ではマーガリンの方が主流です。

無塩バターは、お菓子作りをするイベントがある時や季節などには需要がありますが、それ以外ではそこまで需要があるわけではなく、年中たくさん売れるというわけではありません。

そのため、無塩バターの需要が伸びる時には、どうしても高くなってしまいがちなのです。

値引きがない

先ほどお伝えしたとおり、無塩バターを大量に仕入れるということは滅多にありません。

また、お菓子作りやパン作りをする人など、無塩バターを欲しがる人は限られてしまっているため、大幅な値引きなどを行わない傾向にあります。

値段が高止まりするのは、そのような理由もあるためです。

まとめ(無塩バターとマーガリンは違いはあるが代用は十分可能)

無塩バターとマーガリンには、原材料の違いや塩分が入っているかいないかといった違いがありますが、どちらかがない場合、問題なく代用することができます。

頻繁にお菓子作りやパン作りをする人でないと、無塩バターを買っても使いきれなくて無駄にしてしまうなんてこともあります。

値段もお高めなので、節約も考えるのであればマーガリンで十分代用可能だと思いますよ(*^^)v

ただし、香りや風味の面では、無塩バターの方が良いので、気になるかたは、安くて冷凍保存もできて人気のこちらの無塩バターを買うというのもアリかもしれません。

楽しみながら、美味しいお菓子やパンを作ってくださいね
スポンサーリンク
おすすめの記事