家族の笑い声がうるさい!過度にイラつくなら聴覚過敏かも?

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

普通であれば、幸せの象徴である「家族の笑い声」ですが、人によってはうるさいと感じる場合もあり、イライラしてしまうこともあります。

ただ、もし極端に笑い声が気になってしまう場合は、聴覚過敏という病気かもしれません。

詳しくみていきましょう。

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

家族の笑い声がうるさい!極端に気になる場合は聴覚過敏かも?

聴覚過敏というのは、その名の通り小さな音でも気になってしまうという病気です。

そうなってしまうと、当然イライラしてしまったり、落ち着くことができなくなってしまったりする場合もあります。

聴覚過敏の人は、これから紹介するような音も気になってしまうとされています。

 

ちなみに、イヤーマフといって、周囲のうるさい音を遮断する効果があるヘッドホンのようなものがあります。

イヤーマフをすることで、イライラが軽減したり、安心感につながったりします。

家族の笑い声などにイライラしてストレスがたまるという場合には、イヤーマフを試しに付けてみるとよいかもしれません。

イヤーマフを選ぶ際のポイントは、「遮音率が高いものを選ぶ」ということです。

遮音率が高ければ高いほど、ストレスの元となるあらゆる音を遮断することができます。

以下のイヤーマフは、36dBという高遮音値です

赤ちゃんの泣き声

赤ちゃんの泣き声というのは、聴覚過敏の人だけでなく、子どもが嫌いな人も気にしがちです。

ですが、聴覚過敏の場合には、その音がやけに大きく聞こえたり、その声しか耳に入らなくなってしまったりするのです。

例えば、電車に乗っている時に、同じ車両で赤ちゃんが泣いていた場合は、我慢できない程の苦痛を感じてしまう場合もあるのです。

テレビの音

テレビの音にも敏感に反応してしまう事があります。

特に悲しいニュースや怒りを覚えるようなニュースの音が鳴り響いていると、なおさらイライラしてしまうのです。

また、男性の声、もしくは女性の声が気になるという人もいます。

外の工事音

工事の音というのは、聴覚過敏でない人も苦痛に感じることがあります。

例えば、ハンマーで一定のリズムで何かを叩いていたりすると、イライラしてしまったり、ストレスを感じてしまったりもします。

ただ、聴覚過敏の人は、正常な人よりも更にストレスを感じてしまい、より強いイライラ感を覚えてしまう場合もあるのです。

スポンサーリンク

聴覚過敏は小さい音でも「うるさい」とイラつく場合がある

聴覚過敏と聞くと、普通の音や大きい音を過敏に感じ取ってしまうというイメージを持つかもしれませんが、小さい音でもイライラしてしまうことがあるのです。

家族の笑い声

まずは家族の笑い声です。

笑い声というのは、そう何分も何時間も続くものではありません。

大体数秒、長くても数十秒の世界でしょう。

 

また、音量も「鼓膜がやぶれそうなほどの大音量」ということもないと思います。

しかし、聴覚過敏の人は、家族の笑い声でさえ苦痛に感じ、イライラしてしまうのです。

人によっては、息の音だけでイライラしてしまう人もいるようです。

同じフロアの話し声

お店や職場などに行くと、当然、自分以外にも人がいます。

聴覚過敏の人は、同じフロアで自分以外の人が話しているだけでもイライラしてしまうのです。

一見、自分勝手のように見えますが、正常な人が思っている以上に、聴覚過敏の人が感じるストレスというのは大きいです。

 

また、誰かを褒めていたり、プラスの会話をしていたりする場合はそこまでストレスを感じないのに、人の悪口を言っていたり、叱りつけていたりすると強いストレスを感じるというように、話の内容によってイライラする時としない時があったりもするとされています。

マンションやアパートなどの隣や上の部屋からの物音

賃貸マンションなどに住んでいると、自分の部屋以外から物音が聞こえてくる場合があります。

聴覚過敏ではない人でも、あまりに大きな音であればイライラしてしまいますよね。

 

また、全くの知らない赤の他人であれば我慢できるのに、家族が出す物音にはとても強いイライラを覚えるという人もいます。

家族が聴覚過敏であることを理解しれているのであればまだしも、そうでない場合には普通に家族が生活しているだけでイライラしてしまうのです。

つまり、家族と一緒に生活をしていても、テレビの音や笑い声、物音などでイライラしてしまうことが多いため、幸せだと感じられなくなってしまうこともあるということです。

機械の作動音

機械の作動音でも敏感に感じ取ってしまう人もいます。

また、音がほとんどしていない状態でもイライラしてしまうケースもあるのです。

例えば、冷蔵庫の音です。

聴覚過敏でない人の場合は、「冷蔵庫から音なんて出てる?」と思うと思います。

 

冷蔵庫は、周りの音を消してみるとわかるのですが、「シーン」という音がします。

このような「普通に生活をしていたら全然聞こえない」というようなわずかな音でさえ、苦痛に感じてしまうということです。

BGM

レストランやお店などのBGMでイライラする人もいます。

そのBGMが自分の気分とあっていないと、余計にイライラしてしまう可能性が高くなります。

スポンサーリンク

まとめ(家族の笑い声がうるさいと感じるのは聴覚過敏かも。ストレスのない生活をしよう)

もし家族の笑い声や、小さい音などでイライラするという場合には、聴覚過敏を疑ってみることが大事です。

また、聴覚過敏というのは心身ともに疲れてくると悪化してしまうと言われていますので、このような症状が出た場合には、休養が必要という体からのサインが出ているのかもしれません。

趣味を楽しんだり、好きな食べ物を食べたり、自分なりのストレス解消法を使って、ストレスのない生活を心がけるようにしましょう。

聴覚過敏のような症状がなかなか解消されない場合は、心療内科など専門医に相談するのがオススメです
スポンサーリンク
関連キーワード
おすすめの記事