休日にお金を使わない家族での過ごし方!上手な節約方法ポイント解説

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

せっかくの休日、楽しく過ごしたいですよね。

ですが、休日に家族で出かけると、意外と出費が多くなったり…なんてことはありませんか?

この記事では、「お金を使わない休日の家族生活の楽しみ方」について、ポイントをしぼりながら提案をしていきます。

節約しながらも、休日を家族で楽しく過ごすことができますよ!

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

休日の食事で気を付けるポイント

やはり、一番の大きな出費は、外食です。

仮に、一人1000円だとしても、家族の人数分、費用はかさみますよね。

そしてよくあるのが、「せっかくだから」と言って、いろいろ注文しちゃたり…

 

ですので、休日にお金を使いたくないのなら、外食を控えることが大切です。

休日は家で食事をする

焼肉を例にして考えてみましょう。

 

外食すると、焼肉なら一人当たり最低でも3,000円程度はかかることが多いですよね。

一方、家で食べる場合は、1人あたりにかかる料金は1,000円程度でしょう。

つまり、同じ「焼肉」を食べるにしても、外食した場合は家で食べるのに比べて、3倍程度の出費が発生するということなのです。

 

もちろん、他の料理でも、同じことが言えます。

節約を意識した休日は、家で食事をするように心がけましょう。

休日の外出は午後からにするのが大切なコツ

休日のお出かけは午後からにするというのが、外食を減らすコツです。

 

午前中から外出すると、すぐに昼食時間となって、出先で外食をするということになってしまいます。

また、朝から出かけていた日に、夕飯を用意するのって、ちょっと大変というか、考えるとゲンナリしたりしませんか?

私はゲンナリします・・・

 

つまり、疲れがたまってしまって、ついつい「やっぱ外食にしちゃおう!」となりやすいのです。

 

午後からの外出にすれば、昼食の心配はいらず、また、出先での疲労の蓄積も少ないです。

そして、出かける前に夕飯の下準備をしてから出かけるといったことも可能です。

 

休日になると、ついつい外食をしちゃうというご家庭は、「午後から出かける」というのを実践してみてくださいね。

家での食事を楽しむ方法

外食に行きたくなるのは、美味しいものを食べたいのは勿論のこと、「非日常を味わいたい」という気持ちもあるからだと思います。

家で食事を楽しむためには、「新鮮さ」がポイントです!

 

例えば、食卓にオシャレな花瓶を置き、そこに1本の花を飾るだけでも、「新鮮さ」は実現できます。

オシャレな花瓶は、100円ショップにも売られていますし、花1輪なら200円程度で購入できます。

「食卓にオシャレな花瓶を置き、そこに1輪の花を飾ること」という新鮮さの演出は、たった300円あれば実行できるのです。

 

他にも、

・食器棚の奥にしまったままの上品な食器を使ってみる

・今まで使ったことのないハーブを隠し味に使ってみる

・普段よりも奮発した国産黒毛和牛のステーキを1人1枚食べる

といった具合に、考え方次第で、「新鮮さ」や「非日常」を演出することができます。

スポンサーリンク

休日の遊びで気をつけるポイント

家族で休日を過ごす場合、外食以外でお金がかかるポイントとなるのは「遊び」でしょう。

しかし、そんな遊びも、工夫次第で出費を抑えることができます。

休日には公園などのお金がかからない場所へ行く

例えば、公園は無料で利用することができるので、あまりお金はかかりません。

そして、自宅から遊び道具を持っていけば、極力出費を抑えることができます。

100円ショップに行けば、バトミントンセットや、バットとボールのセット、フリスビーなどなど、あらゆるオモチャがお安く手に入りますね。

 

個人的には、先ほどお伝えしたとおり「午後からのお出かけ」を推奨しますが、お弁当を持参して行けば、食費も抑えつつも、1日中遊ぶことだって可能です。

反対に、テーマパークや映画館などは当然ながら人数分だけ費用が発生するので、「お金を使いたくない休日」には避けることが重要でしょう。

ちょっと変わったオシャレな図書館もオススメ

公園は外で遊びたい子供には、うってつけの場所ですね。

ですが、たまには休日に家族で図書館に行くという過ごし方をしてみてはいかがでしょう。

子どもの教育的にも、節約面でも図書館は非常にオススメのスポットです。

 

試しに、インターネットで、「あなたの住んでいる都道府県名」と「オシャレな図書館」といったワードで検索してみてください。

意外と、「え、こんな図書館あるの?!」なんていう発見ができたりしますよ。

そんな図書館に行けば、「本を読む」「勉強する」ということだけでなく、建物そのものに子供も大人も心が躍るはずです。

休日に入場無料の施設やイベントに行ってみる

全国には様々な入場無料施設がありますし、イベントも開催されています。

近隣の情報を収集して、家族でお出かけしてみるのも、お金を使わないながらも楽しい休日を過ごすことができる方法です。

ただし、事前予約が必要な施設も多いので、休日の予定を前もって立てておく必要があります

 

例えば、東京であれば「マヨテラス」というキューピーが運営している体験型の施設があります。

マヨネーズ工場は、茨城県、山梨県、愛知県、佐賀県、兵庫県にもあって、無料で工場見学もできます。

 

関西圏であれば、大阪のダスキンミュージアムも無料で楽しめる人気のスポットです。

「おそうじ」と「ミスド」の歴史や、ドーナツが完成するまでの工程などを知ることができます。

移動手段で節約をする

状況によって、「電車で移動したほうが安い場合」と「車で移動したほうが安い場合」があります。

 

車は荷物も運べますので大変便利ですが、やはり忘れてはいけないのが駐車場代です。

自家用車を所有している人は、お出かけする場所の駐車料金を事前に調べてから、遊びにいく癖をつけるようにしましょう。

 

駐車場料金と、自宅から電車やバスを利用しながら行く場合にかかる費用とを比較して、安く済む方の移動手段を選ぶことが大切です。

意外と「車で行くのが当たり前」という感じで、移動手段に発想が及ばないこともあるので、節約を考える場合には、この考え方を覚えておくのは重要ですよ。

確かに、塵も積もればともいいますもんね
スポンサーリンク

休日の家での過ごし方で気をつけるポイント

休日の家族生活でお金を使わないためには、家での過ごし方でも気をつけるポイントがあります。

特に、「お金を使いたくない」と考えるほど、家で過ごす時間が増えることになりますので、無駄な出費につながらないように注意が必要です。

なるべく同じ部屋で過ごすようにする

例えば、3人家族の場合、それぞれがバラバラの部屋で過ごすと、3台のエアコンが稼働することになります。

ですが、リビングなどで集まって過ごすことで「1部屋分の冷暖房代」に抑えることができます。

冷暖房代って、予想以上の出費になることがありますよね

 

休日は、家族みんなで仲良く、1つの部屋で楽しく過ごすように心がけましょう!

家は「お金のかからない遊び場」にもなる

家はいくらでも「お金のかからない遊び場」にすることができます。

テレビゲームを始めたら、あっという間に何時間も経ってしまったりなんてことも。

 

休日の家での過ごし方の参考として、よかったら以下の記事も参考にご覧ください。

 

まとめ

休日にお金を使わない過ごし方のポイントは、外食を控える、公園や図書館、無料で楽しめるスポットにいく、家で遊ぶといったことです。

方法は無数にありますので、ご家族に合った過ごし方を見つけてみてくださいね。

節約も大切ですが、ストレスにならないよう、たまの贅沢はあっても良いと思いますよ
スポンサーリンク
関連キーワード
おすすめの記事