ネモフィラに似た花の名前はオオイヌノフグリ!違いの見分け方簡単まとめ

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

植物が好きな人の中には、ネモフィラとオオイヌノフグリの違いについて疑問を持っている人もいると思います。

確かに、ネモフィラとオオイヌノフグリは非常に似ていて、植物に関する知識がない人からすれば、同じ植物に見えることもあります。

 

しかし、実際にはネモフィラとオオイヌノフグリには違いがあり、特徴も異なります。

そこで、この記事では、ネモフィラとオオイヌノフグリの違いや特徴について、詳しく解説していきます。

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

オオイヌノフグリってどんな植物?

オオイヌノフグリという植物には、いくつかの特徴があります。

植物好きな人でも、意外と知らないこともあるため、もう一度おさらいをしてみましょう。

 

オオイフノフグリが咲く時期

まずは開花時期です。

オオイヌノフグリは、3月くらいに開花します。

そのため、オオイヌノフグリを見かけたら、春の訪れを感じるという人も少なくありません。

また、公園や道のわきに咲くことが多いため、全国どこにいても見られることが特徴的です。

 

オオイヌノフグリの草丈と花の大きさ

オオイヌノフグリの草丈は、大体10~20センチ程で、花の大きさは8~10ミリと小さいです。

 

そしてこのオオイヌノフグリというのは、3月に開花してしばらく咲いているというわけではありません。

大体は咲いてから3日程で枯れてしまうのです。

ただ、命が短い花だけに、綺麗な青色で人々を魅了しています。

 

更に、オオイヌノフグリというのは自分で受粉して、命のバトンを繋ぐことができます。

一般的な植物は、ハチなどに受粉の手助けをしてもらって繁殖します。

しかし、オオイヌノフグリは3日程度と命が短いため、自分で受粉するという不思議な仕組みとなっているのです。

 

スポンサーリンク

オオイヌノフグリという名前の由来は?

オオイヌノフグリという、若干言いづらく、長い名前に違和感を覚えた人もいるでしょう。

 

実は、この名前には由来があるのです。

それは、オオイヌノフグリの果実の形が関係しています。

オオイヌノフグリの果実の形が、犬の陰嚢(フグリ)に似ていたからです。

 

また、果実がイヌノフグリの倍程大きかったため、「オオイヌノ」と呼ばれるようになったといわれています。

 

この名前の由来に若干ショックを受けた人もいるかもしれませんが、それでも綺麗な色の花であることには変わりありません。

 

オオイヌノフグリには別名もある

名前の由来を聞いて、少しだけテンションが下がってしまった人のために、オオイヌノフグリの別名も紹介しましょう。

実は、オオイヌノフグリは別名「ベロニカ」といわれています。

 

これにも由来がありますが、細かく説明すると長くなりますので簡単にまとめます。

実は、オオイヌノフグリをじっくりと見ているとキリストの顔が浮かび上がってくるといわれています。

 

というのも、キリストが処刑される際に、キリストの汗を拭いた女性がいて、そのハンカチにキリストの顔が浮かび上がったのです。

この女性の名前を取って、別名「ベロニカ」と名付けられたといわれています。

 

ちなみに、別名はベロニカだけでなく、「天人唐草」「星の瞳」などとも呼ばれます

 

スポンサーリンク

オオイヌノフグリとネモフィラの違いは?

では、オオイヌノフグリとネモフィラには、どのような違いがあるのでしょうか。

育ち方の違い ~ネモフィラは若干遅咲きです~

まず、オオイヌノフグリは多年草で、ネモフィラは1年草という違いがあります。

 

多年草というのは、1度種をまくと、2年以上花を咲かせることができる植物のことを指します。

1年草というのは、1度種をまき、花を咲かせるとその年に枯れてしまう植物のことです。

 

また、ネモフィラは、4月から5月に花を咲かせるため、オオイヌノフグリに比べると若干遅咲きです。

 

花の大きさの違い

そして、花の大きさにも違いがあります。

オオイヌノフグリの場合は大体8~10ミリ程度ですが、ネモフィラは2~2.5センチ程度の大きさとなります。

つまり、大きい方がネモフィラと覚えておけば、見分けがつきやすくなるでしょう。

 

簡単にオオイヌノフグリとネモフィラを見分ける方法まとめ

オオイヌノフグリとネモフィラを見分けるには、相当な知識がないと難しいです。

そこで、あまり両者に対する知識がない人でも簡単に見分けられるコツを紹介します。

 

まずオオイヌノフグリは、

・葉っぱが卵のような形
・花が8~10ミリ程
・公園や道端などどこにでも咲いている

という特徴があります。

【オオイヌノフグリの写真】

 

そして、ネモフィラは、

・花が2センチ程あり、比較的大きい
・葉っぱがギザギザしている
・鉢植えなどに咲いていることが多い

という特徴があります。

 

【ネモフィラの写真】

 

そのため、

・どこで見つけたのか

・葉っぱや花の大きさはどうか

 

ということに着目してみてみると、意外と簡単にオオイヌノフグリとネモフィラを見分けることができるでしょう。

 

まとめ

オオイヌノフグリも、ネモフィラもとても綺麗な色をしていて、春の訪れを感じさせてくれる植物です。

家族や友人、恋人と散歩がてらに歩道や公園などに立ち寄って、探してみるのも楽しいかもしれませんね。

ちなみに、ネモフィラの花言葉は「どこでも成功」。オオイヌノフグリの花言葉は「信頼」です。

どちらの花言葉も素敵な意味ですね
スポンサーリンク
おすすめの記事