ナスの焼き上がりを綺麗に!色止めと焼き加減が調理方法のポイント

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

ナスはどのような方法で調理しても美味しく食べられる野菜ですが、変色が気になるという人もいると思います。

ナスが変色してしまうと、どうしても食欲が減ってしまったり、安全なのだろうかと不安になってしまったりします。

そこで、この記事では、ナスの焼き上がりを綺麗にするための方法について、詳しく解説していきます。

ナスを切った後の変色を予防する方法については、こちらの記事も参考にご覧くださいね

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

ナスの焼き上がりがキレイになる鮮度の高いナスの選び方

ナスの焼き上がりの変色を防ぐためには、鮮度の高いナスを選ぶことが大切です。

鮮度の高いナスを見分けるためには、大きく2つの点に着目する必要があります。

 

まずは棘(トゲ)があるかどうかです。

新鮮なナスというのは、ヘタの部分に潤いがあり、なおかつトゲが立っています。

これは、収穫からあまり期間が経っていないことを示しているため、鮮度が高いと言えるのです。

また、ハリやツヤも鮮度の高いナスを見分けるために効果的です。

 

そして、表面の傷も鮮度の目安になります。

これは比較的見分けやすいポイントなのですが、傷があるとその部分から水分が出てしまったり、傷がある部分だけ固くなったりする可能性があるのです。

ですので、表面に傷がないナスを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

ナスの焼き上がりを綺麗にする調理方法は?

鮮度の高いナスを選ぶことができても、調理の方法によって変色してしまうことがあります。

では、どうすれば変色を防ぎ、綺麗に調理することができるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

ナスの下処理

まずは下処理です。

ナスを洗う時には、切る前の状態で洗うことがおすすめです。

なぜなら、切ってから洗ってしまうと、内側の実の部分に汚れや水分が浸透してしまい、焼き上がりに変色が生じてしまう原因となってしまうからです。

ただし、新鮮なナスには先ほども解説したように、鋭い棘がありますので注意が必要です。

 

続いてあく抜きをすることが大切です。

この手順を踏まないと、ポリフェノールが空気に触れてしまい、調理をする前に変色してしまう可能性があるからです。

あく抜きの手順は、

流水にさらす → 塩水につける → 塩を振って水分を取る

という流れです。

ナスの色止めのコツ

ナスは、加熱すると茶色く変色してしまう事があります。

安全性の面では問題ないのですが、どうしても見た目的にはあまりよくないですよね、

 

この変色を防ぐためには、色止めを行う必要があります。

色止めをする時のコツはいくつかあるのですが、

・ナスの皮に油を塗る
・何もつけずに素揚げする
・ミョウバンを使う
・皮に切り込みを入れて加熱する
・酢を入れて揚げる

などです。

この中から、その時の料理に合いそうなものを選んで、実践してみましょう

ナスの焼き上がりをキレイにする焼き加減のコツ

ナスの焼き上がりを綺麗にするためには、火加減もとても重要です。

コツは、「強火で、とにかく一気に焼く」ということです。

 

また、ナスは水分が多い野菜ですので、弱火で時間をかけて焼いてしまうと水分が抜けて、旨味も逃げてしまうので味がなくなってしまいます。

キレイな仕上がりで、栄養もしっかり摂るためには、とにかく「強火で一気に」というのがポイントですので覚えておきましょう!

焼くのを終了するタイミングの目安は、串や爪楊枝などを通して柔らかくなっているのが確認できればOKです。

ナスの保存方法

ナスというのは、低温に弱い野菜です。

そのため、冬場であればわざわざ冷蔵庫に入れる必要はありません。

ただ夏場などは、ナスをラップで包み、ジップロックなどに入れて冷蔵庫で保管しておくことをおすすめします。

また、仮に調理をしてしまった後でも、そのまま冷凍しておくとすぐに温めて食べることができるため、手間いらずです。

スポンサーリンク

ナスにはどんな栄養がある?

ナスは、驚くべきことに約94%が水分です。

しかし、それでいてかなり豊富な栄養を含んでいるのです。

 

まずはナスニンという物質です。

これは、ポリフェノールの一種なのですが、眼精疲労の緩和などに非常に効果的です。

このナスニンは、ナスの皮に多く含まれていますので、できるだけ皮ごと調理して食べることをおすすめします。

 

続いてカリウムです。

カリウムというのは、夏バテに非常に効果的です。

その理由は、カリウムが体の熱を逃がす働きを持っているからです。

 

そのため、特に暑さが厳しくなる夏には、ナスの効果を最大限に得ることができるのです。

ただ、妊婦さんや冷え性の人などは、食べる量に気を付ける必要があります。

特に妊婦さんの場合は、お腹にいる赤ちゃんのためにも、体温を下げすぎないように注意する必要があるでしょう。

ナスの皮を無駄にしない方法もある?

ナスの皮というのは、先ほども解説したようにかなり栄養が豊富です。

そのため、できるだけそのまま食べることがおすすめです。

 

ただ、中には皮を剥いて調理する必要がある場合もありますよね。

そのような時には、皮を捨てずにそのままごま油やショウガと一緒に炒め、みりんやしょうゆで味付けすることで、おかずの一品として食卓に並べることができますよ。

まとめ(ナスの焼き上がりは色止めと焼き加減がポイント)

ナスの焼き上がりをキレイにしたい場合は、鮮度が良いナスを選んで、下処理をして、とにかく強火で焼くということがポイントになります。

ナスは皮も含めて栄養が豊富な野菜ですので、見た目も綺麗に美味しく調理して楽しみましょう!

最後までご覧いただき、ありがとうございました
スポンサーリンク
おすすめの記事