簡単なマスク焼けの治し方!サングラスでのパンダ顔にも使える方法

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

マスクやサングラスをよく使うという人は多いと思います。

マスクはウイルスや細菌の侵入を防ぎ、サングラスは紫外線を防ぐという効果があります。

どちらも正しく使用すればメリットを得ることができます。

 

ただ、気を付けないとマスクやサングラスをしていない部分だけが日焼けをして「パンダ顔」になってしまう可能性があります。

この記事では、マスク焼けやサングラス焼けをしてしまった時の治し方について詳しく解説していきます。

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

マスク焼けやサングラス焼けのパンダ顔になったら恥ずかしい

日差しが強い時にマスクやサングラスをすると、それ以外の部分が日焼けをしてしまう場合があります。

場合によっては、かなりくっきりとした日焼け跡になってしまうこともあり、恥ずかしい思いをすることになるでしょう。

 

また、スキーやスノボの際に、ゴーグルをつける人も多いと思いますが、山の上は標高が高いため、地上よりも紫外線の影響を受けやすくなります。

一日中ゴーグルをつけて、スキーやスノボを楽しんでいると、気づいたときにはパンダのような顔になっていることもあるのです。

子どもの頃、海で遊んでゴーグル焼けしてよくパンダになってたなぁ。。。

 

長期休暇などであれば、あまり気にならないかもしれませんが、次の日が仕事だったり、用事が入っていたりするとかなり恥ずかしいですし、気を遣わなければなりませんよね。

そのため、紫外線が強い日にマスク、サングラス、ゴーグルなどをする場合は、露出している部分に日焼け止めを塗るなどの対策が必要となります。

 

スポンサーリンク

マスク焼けやサングラス焼けを治す方法はある?

うっかりマスク焼け、サングラス焼け、ゴーグル焼けをしてしまったという場合もあるでしょう。

次の日に大事な用事が入っていれば、できるだけ早く治したいものですよね。

 

では、もしそうなってしまった場合、応急処置はできるのでしょうか?

また、完全に治すことはできるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

日焼けした当日の応急処置方法

うっかり日焼けをしてしまったという場合、当日にできる応急処置があります。

というか、当日の応急処置が非常に大切です!

 

日焼けのレベルによって、若干、対応策が変わってきます。

日焼けレベル別の対処法
少し焼けちゃったかなという程度:少し冷やしたら保湿を徹底
肌が赤くなってヒリヒリしている:軽い火傷状態であるため、何よりも冷やすことが優先。その後、ベビーワセリンなどの低刺激のもので保湿。
日焼けをしたら冷やすことが重要です。
冷やし方のオススメは、タオルハンカチなどの柔らかい素材のものに保冷剤を包んで、優しくお肌に当てて冷やすという方法です。

早く冷まそうと思って直接冷たいものを肌に当ててしまうと、皮膚の炎症がかえって広がる可能性があるので注意が必要ですよ
冷やした後は、日焼けした肌は乾燥しがちですので、しっかりと保湿をしましょう。
自宅にあればフェイスマスクを、持っていない人はローションパック(コットンに化粧水をひたして患部にしばらくあてる)をしましょう。
また、極力刺激を抑えたいという場合には、赤ちゃんにも使えるようなベビーワセリンを使うのもオススメです。

ついてしまった日焼けは、基本的には治すことはできない

非常に残念なお知らせですが、マスク焼け、サングラス焼けなどをしてしまった場合、すぐに治すということは基本的にはできません。

日焼けというのは、新陳代謝により、新しい肌に生まれ変わるまで治らないのです。

 

基本的に新陳代謝のタイミングは1か月程と言われていますが、個人差がありますので、これ以上かかる人もいます。

一度ついてしまった日焼けを消すのは難しいため、日焼けした当日の応急処置がとても大事なのです。

サングラス焼けやマスク焼けを隠す方法

サングラス焼けをしてしまったという場合には、メガネを付ければ目立たなくすることができるでしょう。

普段メガネをかけないという人は、その期間だけ伊達メガネをつけるという選択肢もあります。

 

ただ、マスク焼けをしてしまった場合、これはもうどうしようもありません。

マスク焼けが治るまで、ずっとマスクをしているくらいしか周りにバレない方法はないのです。

これ以上、目立たせなくする方法も併用しよう

ただ、メガネ焼けやマスク焼けを、現状以上に目立たせなくする方法ならあります。

メガネ焼けの場合は、日焼け止めをしっかりとつけて、跡がくっきり残らないように対策をすることで目立たせなくすることができます。

 

日焼け止めは、環境によって種類を変える必要があります。

べたつきが強い物を選んでしまうと顔の脂だと勘違いされてしまい、不潔な印象を持たれてしまうこともあります。。。

ですので、できるだけサラサラした肌触りの日焼け止めを選ぶ必要があります。

 

また、美白ジェルを使うという方法もおすすめです。

美白ジェルを使う場合は、日焼けをした部分に集中して塗ることで、個人差はありますが、少しずつ日焼け跡を目立たせなくしていけます。

 

マスク焼けの場合は、ファンデーションやコンシーラーを使ってみましょう。

ファンデーションやコンシーラーなどを使うことで、日焼け跡を目立たせなくすることができる場合があります。

スポンサーリンク

男性は抵抗がある場合も?

今紹介したような方法を試すことで、日焼け跡を目立たせなくすることができる場合もあります。

ただ、ファンデーションやコンシーラーというのは、多くの男性には無縁のものですよね…。

中には抵抗がある人がいるかもしれませんし、そもそも使い方がわからないという人がいるかもしれません。

 

ですが、現状、日焼けというのは自然治癒する以外に完治させる方法はありません。

もし、どうしてもマスク焼け、サングラス焼けが気になるという男性は、試してみて損はないと思いますよ。

一番は予防をすること!パンダ顔にならないための日焼け対策とは

マスク焼け、サングラス焼けで悩まないためには、当然、日焼け予防をすることが大事になってきます。

普段の生活でも、サングラスやマスクをする場合には日焼け止めを塗ったり、こまめに外したりすることも効果的です。

 

ただ、顔に日焼け止めを塗る場合、べた付くものよりも、サラッとしたものを選ぶことが大事になってきます。

そうすることで、自分でも日焼け止めによるストレスを感じずに済みますし、周りにも誤解を与えずに済みます。

 

ちなみに、私はずっとビオレのアクアリッチを気に入って使い続けています。

いろいろな日焼け止めを試してきたのですが、サラサラ感とコスパの良さで、結局いつもこれに落ち着きます

 


もしかしたら、日焼け止めを使うのが面倒くさいと思っている人がいるかもしれません。

ですが、後になってパンダ顔になってしまうことを考えるのであれば、そこはグッと我慢してしっかり日焼け止め対策をする方が良いと思います。

まとめ

マスク焼け、サングラス焼け、ゴーグル焼けをしてしまった場合、一度ついてしまうとすぐに消すのは難しいです。

そのため、日焼けをしてしまった当日の応急処置をいかに適切にできるかが重要です。

そして、何よりも日焼けをしないための予防策を事前にとることが大切ですよ。

これからは日焼けに悩まずに済むよう、日焼け止めを塗るのを習慣づけることをオススメします
スポンサーリンク
おすすめの記事