かぼちゃの煮物は日持ちする?冷蔵庫での保存なら何日くらい大丈夫?

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

食卓に登場することも多いカボチャの煮物ですが、日持ちがどれくらいなのか気になる人は多のではないでしょうか。

この記事では、カボチャの煮物は日持ちするのか、冷蔵庫で保存したらどれくらい日持ちするのかをはじめ、長持ちさせる保存方法などについて、詳しく解説していきます。

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

かぼちゃの煮物は日持ちしない!冷蔵庫で保存した場合は何日くらい大丈夫?

結論から言ってしまうと、かぼちゃの煮物は日持ちしません。

作ってから大体2~3日程度で悪くなってしまうため、できるだけ早く食べることをおすすめします。

ですので、かぼちゃの煮物を作る場合は、家族の人数と量を計算して、作りすぎないようにすることが大切です。

理想は作ったその日に消費してしまうことですので、余らせることなく食べきれる量を作るように心がけましょう。

冷蔵庫で保存したら日持ちする?

実は、カボチャの煮物を冷蔵庫で保存した場合も、日持ち期間はさほど変わらず2~3日程度です。

そのため、もしも1週間も2週間も前に作ったかぼちゃの煮物が冷蔵庫に保存してあるなんていう場合には、残念ですがすぐに捨ててしまいましょう。

冷蔵庫の中で腐ってしまうと、かなりの悪臭を発することもあるので、他の食材に臭いが移ってしまう可能もあります。

スポンサーリンク

かぼちゃの煮物を少しでも日持ちさせるには?

どうしてもかぼちゃの煮物をしばらく保存したいという場合には、冷凍庫で保存することが大切です。

ただその場合は、一度加熱をして、熱を冷ましてから冷凍することをおすすめします。

そうすることで、かぼちゃが傷んでいるかどうかを確認することができますので、安心して保存しておくことができるでしょう。

冷凍したかぼちゃを解凍する場合は、自然解凍で問題ありませんので、食べる数時間くらい前から冷蔵庫に移し、徐々に解凍していくことをおすすめします。

スポンサーリンク

そもそもカボチャ自体の保存方法と保存期間は?

では、そもそもカボチャ自体の保存方法や保存期間というのは一体どれくらいなのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

冷暗所or常温 

かぼちゃは、直射日光を避けることができて湿度が高くない場所であれば、常温もしくは冷暗所での保存も可能です。

特に冷暗所で保存した場合は、2~3か月という長い期間の日持ちも可能です。

かぼちゃを保存する場合には、かぼちゃを反対にして新聞紙に包んでから保存するという方法がオススメです。

ただし、夏場は常温で保存してしまうと早く傷んでしまう可能性がありますので、常温で保存するのは比較的涼しい季節だけにしましょう。

冷蔵庫

かぼちゃは冷暗所などよりも冷蔵庫の方が長持ちすると考えている人もいますが、冷蔵庫は逆に温度が引くすぎて、かぼちゃの保存に向いていません。

そのため、冷蔵庫で保存する場合は、温度の低い野菜室などに、新聞紙に包んで入れておくことをおすすめします。

そうすることで、1か月程度は日持ちします。

カボチャを冷凍庫で保存する時のコツや解凍方法は?

かぼちゃをできるだけ長く保存したい場合には、常温でも冷暗所でも冷蔵庫でもなく、冷凍で保存するのが一番のおすすめです。

冷凍保存なら、かぼちゃの味を落とさずに比較的長期間保存することが可能となります。

冷凍保存のコツ

かぼちゃを冷蔵庫で保存する場合には、いくつかのコツがあります。

まず一つ目は、先に加熱してしまうということです。

そのまま保存するのではなく、一度火を通すことでより長持ちさせることができるのです。

というのも、かぼちゃには酵素が含まれているのですが、酵素というのは生のままだとどんどん劣化していってしまいます

 

冷蔵庫など、比較的低温で保存することで酵素の劣化を抑えることは可能なのですが、それでも完璧とは言えません。

そのため、より安全に長持ちさせたい場合には、多少手間に感じるかもしれませんが、熱を通しておくことをおすすめします。

 

次に、日付を書いておくということです。

冷凍庫で保存する場合、基本的にジップロックなどに入れてから保存すると思いますが、袋に冷凍した日付を記載しておくことがおすすめです。

そうすることで、いつまでに消費するべきなのかをすぐに把握することができるため、ずっと冷凍庫で眠っているということを防げるのです。

冷凍したカボチャの解凍方法

かぼちゃは冷凍保存した場合は、自然解凍させることがおすすめです。

また、自然解凍させる場合には冷蔵庫などに移し、徐々に解凍していくことが大事です。

常温で解凍すれば比較的早く使うことができるのですが、水分などが多くなってしまい、かぼちゃ本来の旨味を逃がしてしまうことになるでしょう。

そのため、かぼちゃを調理しようと思った場合は、前日から冷蔵庫に移すなどの工夫をしておくことで、比較的すぐに使用することができるでしょう。

かぼちゃが劣化するとどうなる?

かぼちゃが劣化すると、見た目と臭いに大きな変化が出てきます。

見た目は、ドロドロしてしまい、場合によってはカビが生えてしまう可能性もあるのです。

そして、かぼちゃとしては考えられないように異臭を発する場合もあります。

仮にこのような状態になってしまった場合は、ためらわずに捨ててしまいましょう。

まとめ(カボチャの煮物の日持ちは冷蔵庫に入れても長持ちするわけではない)

カボチャの煮物は基本的に日持ちしません。

冷蔵庫に入れたとしても2~3日程度の日持ちしかしませんので、作りすぎないように気を付けましょう。

どうしても長持ちさせたい場合は、冷凍保存がオススメです

 

スポンサーリンク
関連キーワード
おすすめの記事