ブロッコリーを食べ過ぎると太るって本当?目安量はどれくらい?

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

ブロッコリーは、とても栄養価の高い野菜として知られています。

ですが、「ブロッコリーを食べ過ぎると太る」という噂を耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ブロッコリーを食べ過ぎると本当に太るのか、目安量はどれくらいなのかということについて、詳しく解説していきます。

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

ブロッコリーの食べ過ぎは太るというのはあくまで噂で食べ過ぎても太らない

結論から言ってしまうと、ブロッコリーを食べ過ぎても太ることはありません。

というのも、ブロッコリーは、とても栄養が豊富で、ダイエット効果にも期待が持てるからです。(栄養素などの詳細はのちほど解説します)

 

そのため、ネットや周りからの噂を信じて、ブロッコリーを食べることを制限してしまうということがないようにしましょう。

噂を信じてブロッコリーの量を制限してしまうと、健康に必要な栄養素を取り入れることができなくなってしまい、健康効果に期待できなくなってしまう可能性もあるのです。

根拠のない噂を信じて、自分の首を絞めてしまわないように注意することが大切ですね
ちなみに、ブロッコリー100gあたりのカロリーは33kcalで、糖質は0.8gほどしかありませんので、むしろ低カロリー食材ということができます。
スポンサーリンク

ブロッコリーの注目すべき栄養素は?

「ブロッコリーは栄養が豊富」というのは、ほとんどの人が聞いたことのある情報だと思いますが、どのような栄養が含まれているのかを詳しく把握していない人も多いと思います。

ブロッコリーの注目すべき栄養素とは一体何なのか、具体的な栄養素について詳しく見ていきましょう。

ブロッコリーはビタミンBが豊富

ブロッコリーは、ビタミンBが豊富です。

ビタミンBという栄養素が含まれているもので言えば、ブロッコリーと肩を並べる野菜は限られているということもできます。

 

ほうれん草や小松菜もビタミンBなどの栄養素が含まれていると言われていますが、ブロッコリーはそれ以上にビタミンBの配合量が多くなっているのです。

ブロッコリー100g当たりのビタミンB配合量は、

・B1 0.14㎎
・B2 0.20㎎
・B6 0.27㎎

と言われています。

 

一方ほうれん草と小松菜のビタミンB含有量は、以下のとおりです。

ほうれん草
・B1 0.11㎎
・B2 0.20㎎
・B6 0.14㎎
小松菜
・B1 0.09㎎
・B2 0.13㎎
・B6 012㎎

この結果を見ても、ブロッコリーのビタミンB配合量が多いことがお分かり頂けると思います。

また、ビタミンBはダイエットにも効果があるとされているため、多くの人から注目されている栄養素でもあります。

ブロッコリーは食物繊維も豊富

また、ブロッコリーには、食物繊維も豊富に含まれているのです。

他にも食物繊維を取れる野菜はありますが、ブロッコリーは丸ごと食べられるので効率的に食物繊維を取ることができ、毎日の生活に欠かせない野菜と言えるでしょう。

スポンサーリンク

ブロッコリーに豊富に含まれている食物繊維が持つダイエット効果とは?

食物繊維というのは、ダイエット効果に期待ができる栄養素なのですが、具体的にはどのような役割を果たしてくれるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

血糖値を抑える

まずは血糖値を抑えてくれます。

血糖値が上がってしまうと、体内のエネルギーが脂肪として蓄えられてしまうため、ダイエットの邪魔をしてしまうのです。

しかし、ブロッコリーを食べることで、血糖値が上昇してしまうのを抑えることができるため、効率よく脂肪を燃焼させることができます。

満腹感が得られる

食物繊維は、体内で膨張します。

そのため、たくさんの量を食べていなくても満腹感を得ることができ、食べ過ぎによる肥満を防いでくれるのです。

そのため、食事の際には、ブロッコリーから先に食べ始めると、食べ過ぎを未然に防ぐことができます

腸内環境を整える

食物繊維というのは、腸内環境を整える効果もあります。

先ほど食物繊維が体内で膨張すると解説しましたが、膨張することで腸を刺激することができ、排便を促すことができるのです。

そうすることで、体内の老廃物を綺麗に排出することができ、体重が軽減する可能性があるのです。

 

そして、腸内には善玉菌という、良い菌がいます。

食物繊維は、この善玉菌の餌となるため、働きを活発化してくれるのです。

そうすることで、善玉菌が元気に働き、腸内環境を整えることができるのです。

ブロッコリーは太らないけど食べ過ぎ注意!健康的な目安量はどれくらい?

とはいえ、ブロッコリーを食べ過ぎてはいけません。

先ほども解説したように、ブロッコリーを食べ過ぎることで太ってしまうことはありませんが、栄養が偏ってしまったり、過剰摂取になってしまったりする可能性もあるのです。

 

ブロッコリーの摂取目安は、栄養素の含有量から計算することがおすすめなのですが、毎回毎回、複雑な計算をするのは大変なので嫌ですよね^^;

目安としては、「基本的には一株以内に抑える」と覚えておきましょう。

そうすることで、栄養素を過剰摂取するリスクも少なくなりますし、健康的な体づくりにブロッコリーを役立てることができます。

 

といいつつ、ブロッコリーを一株食べるというのは、思っているよりも意外と大変です。

ですので、おかずとして食べたり、おやつとして食べたりする分には、食べる量を気にする必要はほとんどないと言えるのではないかと思います。

まとめ(ブロッコリーは食べ過ぎると太るわけではない!目安量は1日1株まで)

ブロッコリーを食べ過ぎると太るというのは、あくまで噂であって、太るわけではありません。

むしろ、ブロッコリーはビタミンBを中心に栄養価も食物繊維も豊富なので、積極的に摂取したい野菜の1つです。

1日1株まででしたら、過剰摂取になることもないので、毎日の食事やおやつなどに取り入れて、ダイエットや健康な体づくりに活かすようにしましょう。

単純に茹でて、マヨネーズを付けて食べるだけで十分美味しいですよね
スポンサーリンク
おすすめの記事