陰性と陽性はどっちが悪い?わかりにくい人におすすめの覚え方とは

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

検査などをすると、結果を陰性か陽性かで伝えられることも多いです。

とはいえ、中には、陽性と陰性の意味が分からず「どっちが悪いの?」と思ってしまう人もいると思います。

この記事では、陽性と陰性ではどちらが悪いのかをはじめ、「どっちがどっちか分かりにくい!」という人にオススメの覚え方について解説していきます。

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

陰性と陽性ならどっちが悪い?

陽性と陰性の場合、「陽性」の方が悪いです。

 

インフルエンザや風邪などの検査をした場合は、陰性と告げられれば異常はなく、陽性と告げられた場合は、インフルエンザや風邪にかかっているということです。

とはいえ、陽性という結果の全てが悪いというわけではありません。

 

例えば、妊娠検査薬で陽性が出れば、お腹に赤ちゃんがいるということです。

お腹に赤ちゃんがいるということはおめでたいことですので、決して悪いことではありません。

そのため、どちらが悪い、どちらがいいと覚えるのではなく、

「陽性は体に変化がある」
「陰性は体に変化がない」

という風に覚えることをおすすめします。

スポンサーリンク

意外と陽性と陰性を間違える人は多いのは一体なぜ?

大人でも子供でも、陽性と陰性を間違える人は意外と多いです。

とはいえ、大人になると、「陽性って何?」「陰性って何?」と気軽に聞くことができませんよね。

では、なぜ陽性と陰性を大人でも判別できないことがあるのでしょうか。

陰性も陽性もどちらも悪いイメージがある

陽性と陰性は、どちらも悪いイメージがあります。

陽という字は、なんとなく何かに反応しているイメージがありますし、陰性は陰という字がマイナスのイメージを与えてしまいます。

そのため、どちらの結果が出ても「悪い状態なのではないか」と勘違いをしてしまう可能性が高いのです。

あまり馴染みがない言葉だから

陽性や陰性というのは、普通に生活している時には、あまり聞くことがない言葉です。

病院へ通っている人などは、比較的聞きなれている言葉かもしれませんが、たまに聞くだけだと「どういう意味だろう?」と感じてしまうのです。

言葉の意味について教えてもらう機会がない

思い出してみて欲しいのですが、陽性や陰性という言葉の意味について、親や先生などから教えてもらった経験はあるでしょうか。

もしかしたら、そのような記憶がないという人もいると思いますし、恐らくほとんどの人が、成長するにつれて自然と覚えていったのではないかと思います。

そのため、このような言葉に触れ合う機会がない人は、意味や使い方を知らないまま大人になってしまうこともあるのです。

スポンサーリンク

陰性と陽性のおすすめの覚え方3つ

陽性と陰性について解説してきましたが、ここまでの内容をしっかりと覚えることができた人は「もう忘れない」と思っているかもしれません。

しかし、この記事を見て数日間はいいかもしれませんが、また陽性と陰性という言葉を使わない日々が続いてしまうと、すっかり忘れてしまう可能性もあるのです。

では、陽性と陰性の意味や使い方を忘れないようにするためには、一体どのような方法がおすすめなのでしょうか。

影と光で考える

陽性と陰性というのは「その検査に反応した」ということです。

例えば、インフルエンザの検査であれば、「インフルエンザの検査に反応したから、あなたはインフルエンザです」と言われると思います。

 

これを陰と光で考えてみましょう。

検査薬に対して、反応しない場合は、スポットライトが当たらないため陰の状態です。

つまり、「何もない」という意味の陰性が使われます。

 

一方検査薬に反応した場合は、そのウイルスにスポットライトが当たるため、光を浴びた状態になります。

つまり、陽性ということです。

 

最初は難しいかもしれませんが、このような考え方に慣れることができると、比較的簡単に陽性と陰性の意味をスっと理解できるようになるでしょう。

プラスマイナスで考える

続いては、プラスマイナスで考える方法です。

健康診断などでも、様々な項目の隣に「+」「-」と記載されていることがあるでしょう。

 

この場合、+が陽性の意味を持ち、-が陰性の意味を持ちます。

そのため、「+が陽性」ということだけを頭に入れておくのです。

そうすることで、+、-で表記されたとしても、陽性、陰性と表記された場合でも見分けることができるようになるのです。

言葉のイメージで覚えてしまう

最もシンプルな方法は、

「陽性」は異常あり、「陰性」は異常なしと言葉で覚えてしまうことです。

この方法で覚えることができると、複雑な例えを頭に思い浮かべることなく見分けることができるようになります。

まとめ(陰性・陽性はどっちがどっちかわかりにくい人も一度覚えてしまえば大丈夫)

陰性と陽性が分かりにくいという人も、ご紹介した覚え方のうちどれか1つでもしっくりくれば大丈夫です。

「どっちが悪い」ということではなく、「陽性は身体に変化がある」「陰性は身体に変化がない」ということをしっかり理解しておけば、何かのときに安心です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました
スポンサーリンク
おすすめの記事