インフルエンザ予防には紅茶が効果的?ペットボトルの紅茶でもいいの?

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

小学校などで、インフルエンザ予防として「お茶うがい」をしたことがある人もいると思います。

なぜお茶がインフルエンザの予防に効果的かというと、カテキンやテアフラビンという抗菌、抗ウイルス作用のある成分が含まれているからです。

 

ただ、そのような成分が含まれているのは緑茶だけではありません。

実は、紅茶にも同じような成分が含まれていて、インフルエンザの予防に効果的なのです。

この記事では、インフルエンザの予防に効果的な紅茶について、詳しく解説していきます。

 

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

インフルエンザの予防に役立つ紅茶の作用とは

紅茶には、先ほども説明したように、カテキンやテアフラビンというポリフェノールが多く含まれています。

特に、テアフラビンという成分は、インフルエンザの菌が細胞に付着するのを防ぐ効果が期待されています。

 

また、紅茶でインフルエンザ予防ができるというのは、ただの仮説や噂、都市伝説ではなく、研究でもしっかりと証明されています。

 

スポンサーリンク

研究でも紅茶の効果が証明されている

三井農林株式会社の研究プロジェクト「お茶科学研究所」の発表によると、

被験者に、紅茶を使って1日2回のうがいをさせたところ、インフルエンザの発症率が下がったという結果が出ています。

 

更に驚くべきなのは、うがいをした紅茶が、使い終わった茶葉の10分の1の濃さだったということです。

つまり、薄めた紅茶でうがいをしたとしても、インフルエンザの予防をすることができるということです。

 

この結果から、紅茶がインフルエンザに効果的なのは確実だと言えるでしょう。

研究発表の詳細をご覧になりたい方は、三井農林の研究プロジェクト「お茶科学研究所」の公式サイトをチェックしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

インフルエンザ予防に効果的な紅茶の種類は?

紅茶に詳しい人の中には、「紅茶にはいくつも種類があるけど、どれでもいいの?」と疑問に思う人がいると思います。

インフルエンザ予防に効果的な紅茶の種類を確認しましょう。

 

インフルエンザ予防にはアッサムティーが効果の期待大

 

実は、先ほど紹介した、インフルエンザを予防してくれる成分「テアフラビン」を多く含む紅茶は、アッサムティーです。

このアッサムティーは、紅茶の中でも特にテアフラビンなどのポリフェノールが多く含まれているため、高い効果に期待が持てるのです。

 

また、人によってはカフェインが気になる人もいるかもしれませんね。

カフェインが入っているかいないかで、インフルエンザ予防の効果に違いが出るということはありませんので、

そのような人は「ノンカフェイン」の紅茶を選ぶことをおすすめします。

 

インフルエンザ予防の紅茶はペットボトルタイプでもいいの?

コンビニやスーパーで売っているような、ペットボトルの紅茶でも、インフルエンザの予防効果があります。

ただし、茶葉から作った紅茶よりは濃さに違いがでてしまうため、効果も弱くなってしまう可能性があります。

 

そのため、インフルエンザが流行する季節は、あらかじめ紅茶の茶葉を用意しておき、うがいなどに利用してみることをおすすめします。

 

また、ホットかアイスかで効果の違いが出ることはありませんので、好みに合わせて温度を調節することをおすすめします。

ただ、冷え性が気になる場合には、ホットで飲むことで、冷え性予防にも繋がります。

 

紅茶はストレートで飲む方が良いの?

飲み方については、少し注意が必要です。

というのも、飲み方によっては、テアフラビンの効果を弱めてしまう場合があるのです。

 

テアフラビンの効果に影響が出ない飲み方は、

☆ストレート

☆砂糖

☆はちみつ

☆レモン

などの飲み方です。

 

逆に、テアフラビンの効果を弱めてしまうのは、

牛乳

豆乳

などで割ってしまった場合です。

 

牛乳や豆乳はテアフラビンの役割を阻害してしまう可能性があるため、インフルエンザを予防する目的で紅茶を飲む場合には気を付ける必要があります。

 

紅茶はどのタイミングで飲めばいい?

紅茶でうがいをするだけでなく、飲むだけでもインフルエンザの予防に効果があります。

飲む場合のタイミングなどは特に決まっていないため、こまめに少しずつ飲むことをおすすめします。

 

インフルエンザに感染しても効果はあるの?

紅茶は、インフルエンザの感染を予防する効果があります。

しかし、インフルエンザの治療効果はありません。

 

そのため、インフルエンザに感染してしまった場合には、処方された薬を飲むことが一番の治療になります。

ただ、インフルエンザに感染した人が紅茶を飲むことで、口の中のウイルスを殺し、周りの人へ感染させてしまう可能性を減らせる場合もあります。

 

まとめ

感染してしまうと、ものすごく辛い思いをするインフルエンザですが、紅茶を飲んだり、紅茶を使ってうがいをしたりすることで、予防することができる場合もあります。

 

そのため、インフルエンザが流行する季節には、自宅に紅茶の茶葉を用意しておくということをおすすめします。

ただ、インフルエンザに発症してしまうと、紅茶では治療することができません。

早めに病院へ行き、処方された薬を飲んで安静にすることが、治療の一番の近道となるのです。

普段から紅茶を飲んだり、うがいする習慣を身につけておくとインフルエンザとは無縁になれるかも?!
万が一、インフルエンザにかかってしまった場合には、以下の記事がお役に立つかもしれないので、ぜひご覧ください!
スポンサーリンク
おすすめの記事