インフルエンザになったらお風呂はいつから入れるの?家族にはうつらない?

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

「インフルエンザになったらお風呂に入ってはいけない」とよく言われますよね。

しかし、その理由について詳しく知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。

 

そして、インフルエンザになったら、いつからお風呂に入れるのかということについても、知識がない人が多いです。

正しい知識をつけておかないと、自分がお風呂に入ったせいで家族にうつしてしまう可能性があります。

 

そこでこの記事では、

インフルエンザになったら、なぜお風呂に入ってはいけないのか、

いつからお風呂に入れるようになるのか

 

ということについて、詳しく解説していきます。

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

インフルエンザになったらなぜお風呂に入ってはいけないのか

インフルエンザになったらお風呂に入ってはいけない理由というのは、大きく分けると2つあります。

1つ目が体力の低下、2つ目が感染の恐れがあるということです。

では、それぞれを具体的に見ていきましょう。

 

体力が低下しているから

インフルエンザになった場合は、熱などで体力が低下しています。

しかしお風呂に入ることで、

全身の血の巡りが良くなり、汗をかきやすくなりますので、より体力を消耗しやすくなってしまうのです。

つまり、インフルエンザになっている状態でお風呂に入ると、症状を長引かせてしまうことに繋がるのです。

 

家族へうつしてしまう可能性があるから

家族と一緒に生活をしている場合は、感染の恐れがあります。

実は、浴室で感染する可能性は低く、一番問題なのは脱衣所なのです。

 

というのも、浴室は湿度が高く、ウイルスが死滅しやすいのですが、脱衣所ではウイルスが死滅しにくいです。

感染者が触ったタオルなどを、健康な人が触ることで、家族へうつしてしまう可能性があるのです。

 

スポンサーリンク

いつからお風呂に入れるようになるのか

では、インフルエンザになった場合、いつからお風呂に入れるようになるのでしょうか。

結論から言ってしまうと、熱が下がり、体調が回復してからです。

平熱になるまで待つ必要はありませんが、大体37.5℃以下になってからの入浴が好ましいです。

また、熱が下がったとしても、体調が回復していない場合の入浴は避けるべきです。

 

スポンサーリンク

お風呂に入るときにはどんなことに注意が必要?

では、ある程度体調が回復し、熱も下がった場合、お風呂に入るうえで気を付けることはあるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

 

温度を熱くしすぎない

久しぶりの入浴ということで、温度を熱くしてすぐに体を温めたいという気持ちはわかりますが、あまり高い温度での入浴は危険です。

なぜなら、熱くしすぎてしまうと、入浴後に湯冷めをしやすく、再び体調が悪くなってしまう可能性があるからです。

とはいえ、ぬるすぎる温度でも同じ状態になってしまうことが考えられますので、38度から40度程度に設定し、10分前後の入浴をおすすめします。

 

脱衣所とお風呂の温度差に注意

冬のお風呂場でよくあるのが、浴室と脱衣所の激しい温度差です。

これも湯冷めの原因に繋がりますので、浴室をあらかじめ温めておくということも大事になってきます。

 

もし、どうしても脱衣所を温められない場合には、浴室で体の水分をしっかり取り、素早く着替えることを意識しましょう。

 

入浴後はすぐに水分を拭き取る

入浴後、寒く感じるのは、体にたくさんの水分が付着しているからです。

この水分の気化熱が体を冷やす原因となるため、先ほども説明したように、素早く水分を拭き取り、暖かい場所に移動しましょう。

 

髪の毛を濡らしたままにしない

お風呂あがりに髪を乾かさなかったり、濡れた状態で放置したりすると、体を冷やしてしまう原因となります。

そのため、特に病み上がりの時は、素早く髪を乾かすということが大事になってきます。

 

水分をしっかり取る

体から水分を拭き取るということも大事ですが、水分を取り入れるということも大事になってきます。

インフルエンザに感染している時は、水分が不足しやすいのですが、更に入浴で水分が失われている状態になってしまいます。

そのため、入浴をする前と後で、コップ1杯程度の水を飲むようにしてください。

これを怠ると、脱水症状を引き起こす場合があります。

 

家族がいる場合は最後に入る

いくら熱が下がり、体調が回復したとしても、インフルエンザが完治するまでには約1週間程度かかります。

そのため家族がいる場合には、最後に入浴して周りへうつさないように注意するべきです。

 

まとめ

インフルエンザになっている時にお風呂に入ってはいけないのには、しっかりとした理由があります。

また、お風呂に入れる状態まで回復したとしても、家族がいる場合には、

お風呂は最後に入る

タオルは一度使ったら洗濯機に入れ、他の人が触らないようにする

などの気配りが必要となります。

 

インフルエンザは発症しないに越したことはありませんが、

万が一、かかってしまった場合には、一刻も早く体調を回復させ、周りにうつさないようにすることが大切です。

水分補給はしっかりしましょうね!
スポンサーリンク
おすすめの記事