くるみは食べすぎると太るの?ニキビや腹痛が起きるという噂は本当?

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

くるみをおやつ代わりに食べるという人も意外と多くいますよね。

くるみは栄養価が高いので体にも良いのですが、「太る」「ニキビができる」「腹痛になる」という噂を耳にしたこともあると思います。

この記事ではその噂の真相、クルミの選び方などについて解説していきます。

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

くるみは食べ過ぎるとどうなるの?

結論から言えば、くるみというのは食べすぎてはいけません。

美味しくて、手軽につまんで食べることができるため、ついつい食べ過ぎてしまいますが、食べ過ぎると意外なデメリットを被ることになってしまうかもしれないのです。

くるみは栄養価が非常に豊富なので、たくさん食べれば体に良いことがあると思われがちなのですが、食べ過ぎてしまうと栄養価が高いことが原因となって副作用が出てしまう可能性があります。

では、具体的にどのような副作用、デメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

くるみは太る?

くるみは意外とカロリーが高く、食べ過ぎると太ってしまう可能性があるのです。

また、脂質が高いためこちらも太る原因となります。

くるみを正しい方法で食べることができれば、ダイエット効果に期待できるのですが、ただ食べ過ぎてしまうだけだと体重が増加してしまうだけなので注意が必要です。

くるみはニキビができる?

くるみだけではなく、ナッツ系を食べるとニキビや肌荒れができるという噂が出ています。

実はこれは本当なのです。

というのも、市販のくるみやナッツなどは、より美味しく食べられるように加工してあります。

この加工する過程で、塩や油などがたくさん使われるため、それがニキビなどの原因となってしまうのです。

くるみは腹痛・胃痛を引き起こす?

くるみは食物繊維が豊富に含まれているため、栄養価が高いと言えます。

ただ、クルミに含まれる食物繊維のほとんどは不溶性食物繊維ですので、便が固くなってしまう可能性があります。

そのため、場合によっては腹痛や胃痛、便秘などになってしまうことがあるのです。

スポンサーリンク

くるみは一日どれくらい食べていいの?選び方は?

では、健康を害さずに、栄養を効率的に摂取するためには、一日にどれくらいの量のくるみを食べればよいのでしょうか。

わかりやすくいうと、「ひとつかみ程度」です。

これくらいの量であれば、健康を害さずに栄養を摂取することができるでしょう。

また、一気に食べるのではなく、時間を空けて少しずつ食べるという方法もおすすめです。

くるみは無添加・ノンフライを選ぶ

クルミを選ぶ際には、無添加でノンフライの商品を選ぶことが大切です。

そうすることで、塩分や脂質の取りすぎを防止することができるため、ニキビや肌荒れなどを防止することができます。

またノンフライ製法のくるみを選ぶことで、カロリーを抑えることもできるため、太ってしまうことも予防することができるのです。

ちなみに楽天では、このクルミが人気があります(^^)

くるみの鮮度をチェック

くるみの栄養価を最大限に摂取するためには、鮮度もとても大事です。

市販のくるみの中には、皮が剥かれているものもあります。

皮があらかじめ剥かれているクルミは比較的食べやすいのですが、どうしても栄養が酸化してしまいやすいため、できるだけ皮つきのくるみを選ぶことをおすすめします。

また、開封して時間が経ってしまうと、くるみの質が落ちてしまいますので、できるだけ食べられる量で小分けされたくるみを購入することをおすすめします。

スポンサーリンク

くるみを正しく食べるとどんな効果がある?

では、くるみを正しく食べると一体どのような効果があるのでしょうか。

アンチエイジング効果

まずはアンチエイジング効果です。

くるみには、αリノレン酸という成分が含まれていて、これは肌のターンオーバーを促してくれます。

ターンオーバーというのは、古い肌から新しい肌へ生まれ変わる周期のことです。

このターンオーバーが安定することで、より綺麗な肌を保つことができます。

ただ、食べ過ぎてしまうと先ほど解説したように、ニキビや肌荒れなどの原因になってしまうため、適度な量を摂取することが大事です。

ダイエット

くるみを正しい量で定期的に摂取すると、コレステロールや中性脂肪が低下することが科学的に証明されています。

そのため、毎日少量を食べ続けることによって、ダイエット効果を得ることができるのです。

とはいえ、先ほど「クルミは太る」と解説してしまったばかりですので、中々クルミダイエットに挑戦できないという人もいるでしょう。

ただ、量をしっかりと守って毎日継続して食べることで、痩せやすい体を手にすることができるため、そこまで心配をする必要はありません。

注意が必要なのは、くるみが大好きな人です。

ついつい食べ過ぎてしまうと、逆効果になってしまう可能性があるため、食べ過ぎないような心掛けが大切です。

まとめ(くるみは食べ過ぎると太る可能性大)

くるみ自体は、栄養価も高いので健康的な食材といえますが、食べ過ぎると太る可能性もありますし、ニキビや腹痛・胃痛の原因にもなってしまうので注意が必要です。

私は朝、ヨーグルトに入れて食べたり、パンケーキに乗せたり、サラダに入れてクルミを食べています。

自分に合う食べ方で、食事に上手にクルミを取り入れてみてくださいね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました

 

スポンサーリンク
おすすめの記事