そうめんのカロリーが高いのはなぜ?ダイエット効果はあるといわれる理由は?

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

夏になると食べたくなるそうめんですが、実はカロリーが高いことを知っていますか?

おそうめんは、さっぱりとヘルシーな見た目なので、ダイエット効果も期待できるという話を耳にすることもありますが、はたしてどうなのでしょうか。

今回は、なぜそうめんのカロリーが高いのか、またダイエットに効果があるとされる理由について解説します。

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

そうめんのカロリーが高いのはなぜ?

そうめんのカロリーが高いのは炭水化物である小麦粉が原料ということもありますが、主な原因は「油返し」というそうめんを作る工程に理由があります。

油返しは生地を伸ばすために必要な工程で、そうめんを作る際、生地に油を塗って寝かせる必要があるみたいです。

その油はのちのち落とされるのですが、生地には油が染み付いてしまうため、その分カロリーが高くなります。

しかし、この工程があるおかげでそうめんのモチモチとした食感があるんです(*'ω'*)

逆に油返しをしなければ今のそうめんの食感はないということです。。。

スポンサーリンク

そうめんのカロリーを比較してみる

そうめんのカロリーは270g(1人前)で343kcalです。

ご飯1膳のカロリーが269kcalなので、そうめんを1人前食べるとご飯1膳以上のカロリーを摂取することになります(*´з`)

他の食材とも比較してみましょう。

ここではそうめんと同じ麺類の1人前あたりのカロリーを見ていきます。

・そうめん(1人前)=343kcal
・うどん(1人前)=242kcal
・そば(1人前)=296kcal
・中華麺(1人前)=343kcal

こうしてみてみると、他の麺類もそうめん同様にカロリーが高めであることがわかりますね。

麺類の中で一番カロリーが低いのはうどんで、その次にそば、そしてそうめん、中華麺と続きます。

意外にもそうめんと中華麺のカロリーは同じなんですね
スポンサーリンク

そうめんとひやむぎでカロリーは違う?

そうめんとひやむぎの違いを知らないという方は意外と多いと思うので、ご紹介します。

そうめんとひやむぎは、日本農林規格(JAS)の乾麺類品質表示基準で以下のように分類されています。

干しそうめん長径→1.3㎜未満(手延べの場合は長径1.7㎜未満)
干しひやむぎ長径→1.3㎜以上1.7㎜未満(手延べの場合は長径1.7㎜未満)

このように、そうめんとひやむぎの違いは麺の太さによって決まっています

そのためそれぞれのカロリーに違いはなく、共通して1人前343kcalということになります。

そうめんはダイエットに効果がある!?

そうめんにはダイエット効果があるといわれています。

しかし、先ほどご紹介したとおり、そうめんのカロリーは高いです。

それにもかかわらず、「そうめんにダイエット効果がある」といわれるのは一体なぜなのか、その理由を解説していきます。

そうめんを主食にする

先ほどご紹介したように、そうめんには270g(1人前)で343kcalのカロリーがあります。

そしてこれはご飯1膳よりも高いカロリーです。

これだけ見ればそうめんはダイエットに向かないのではないかと思われる方もいると思いますが、そうめんを主食にすると考えればどうでしょうか。

そうめんは単体で食べることも多いですが、ご飯はその他にもおかずなどと一緒に食べることが多いので、当然おかず分のカロリーが追加されます。

その点、そうめんを主食にすれば343kcal以外にかかるカロリーはありません。

工夫すれば味に飽きない

ダイエットを成功させるには味に飽きないようにすることが重要です。

そうめんは薬味やトッピングを変更するだけで、味に様々なバリエーションを生むことができます。

だからといって、無駄に薬味やトッピングを加えすぎるとカロリーが上がってしまって効果がなくなってしまうので、この点は注意が必要です(;^ω^)

ダイエットに必要な栄養素が豊富

そうめんには、食物繊維やビタミンにミネラルなどダイエットに必要な栄養素が豊富に含まれています。

食物繊維が多い食品は腹持ちが良いし、便秘の改善にも効果を発揮します。

また、ビタミンは糖質や脂質、たんぱく質など肥満の原因となる物質の代謝を助ける働きをします。

特にそうめんに含まれる「セレン」というミネラルは、ビタミンEの60倍もの抗酸化作用を持っており、老化の原因となる活性酸素を除去し、体内の新陳代謝を高めてくれるという優れものです(*'ω'*)

そうめんを食べる際の注意点

そうめんを食べる際には2点気をつけなければならない注意点があります。

自身の体調を左右する可能性もあるので、確実に知っておきましょう。

冷え性を悪化させやすい

冷え性を持っている方がそうめんを食べると、冷え性を悪化させやすいと言われています。

これはそうめんやそうめんのつゆが冷たいことが原因です。

夏にクーラーをつけている場合にはさらに体が冷えてしまうので、注意が必要です。

栄養が偏りやすい

そうめんはその栄養素の多くを炭水化物で占めています。

そのため、そうめんを主食にして、そうめんばかりを食べていると摂取する栄養素が偏ってしまいます。

ですが、これは薬味やちょっとしたトッピングで改善することができます。

ちなみに私のおすすめは青じそとミョウガを加え、そこにわさびを加えることです!

すごく美味しいのでぜひ試してみてくださいね(*^^)v

まとめ(そうめんはカロリーは高いけど、工夫次第でダイエット効果も期待できる)

そうめんは、「油返し」という工程によってカロリーが高めですが、工夫次第でダイエットにも役立てることができます。

好みの薬味や野菜を多めに、おそうめんを一緒に食べれば、栄養も偏ることなくヘルシーに仕上がるので、適度な範囲で毎日の食事に取り入れていみるのが良いかもしれないですね(*'ω'*)

特に夏場に食べる、おそうめんはサッパリしてい最高ですよね
スポンサーリンク
関連キーワード
おすすめの記事