日傘は何色がいいのか知ってる?涼しさ重視なら白・紫外線対策なら黒

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

紫外線が強くなる季節には、日傘をさす人が増えてきますよね。

ところで、「日傘って本当は何色がいいの?」と疑問に思ったことはありませんか?

 

日傘は色によって効果が異なるので、「自分が一番対策したいこと」に適した色を選ぶ必要があります。

この記事では、日傘の色による効果の違いについて解説していきますので、日傘選びの参考にしてみてくださいね。

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

日傘に期待する効果(超基本)

日傘には、様々な効果がありますが、意外と日傘の効果を正しく把握している人は少ないです。

基本的なことにはなりますが、日傘をさすことで得られる効果について確認をしておきましょう。

 

もし、日傘をさす時期やタイミングが気になっている方は、こちらの記事もご覧くださいね

暑さ対策

まずは暑さ対策です。

夏の暑い時期に日傘をさす人も多いですが、日傘をさすことによって、体感温度を下げることができるのです。

なぜなら、日傘で日陰を作ることができるからです。

日なたと日陰で体感温度が変わるということは誰でも知っていることだと思います。

しかし、意外と日傘を使って体感温度を下げることができるということを知っている人は少ないのです。

 

直射日光を受けている場合と、日傘で日陰を作っている場合では、約20度近く温度が変わるということもわかっています。

気温は一定でも、日傘をさしているかそうでないかで体感温度がかなり変わってくるのですね

 

日傘をさすことでダルさを感じることも減らせますし、熱中症のリスクを下げることも可能となります。

そのため、もし気温が高い日に外に長時間いるのであれば、常に日傘をさした方が良いでしょう。

紫外線予防

日傘に紫外線予防効果があることは、多くの人が基本知識として知っていると思います。

むしろ、ほとんどの人が紫外線予防として日傘を使っているのではないでしょうか。

 

紫外線を肌に浴びてしまうと、シミの原因となってしまったり、皮膚がんを引き起こす原因となってしまったりします。

最近は、男性の日傘も販売されていて、男女問わず肌を守る意識が強くなっています。

 

また、女性の中には肌にシミができてしまったり、日焼けをしたりすることを極端に嫌う人もいます。

そのような人の場合、毎日のように日傘をさしていることも多いですが、それは正しいことだと言えます。

なぜなら、曇りでも紫外線が強い日もあるため、太陽が出ていないからといって安心することはできないのです。

 

もちろん、日焼け止めを塗ることで、ある程度の紫外線対策をすることはできます。

ですが、それだけでは完全に紫外線をシャットアウトできるわけではないので、紫外線対策を強化したい場合には日傘は大変有効な手段となるのです。

ファッション

日傘を、ファッションの一部として愛用している人もいます。

日傘には、シンプルな色だけでなく、柄が付いたものや可愛いデザインの物もたくさんありますよね。

ですので、ワンポイントのオシャレを楽しむアイテムとして使ったりする女性も多いのです。

何本も違う種類の日傘を持っていて、その日の服装に合わせて使う日傘を変えるオシャレな人もいるくらいです
スポンサーリンク

何色の日傘が良いのかは「一番対策したいこと」で決める

日傘には様々な色やデザインがあって、どれを選べばいいのか悩ましく感じたりするものです。

せっかく買うなら、より高い効果を得ることができる日傘がいいですしね。

選び方のポイントは、「あなたが一番対策したいこと」を考えて、それに対して一番効果的な色の日傘を選ぶということです。

暑さ対策(涼しさ重視)なら遮光率が高い「白の日傘」

白の日傘には、「光を反射して」紫外線をカットするという特徴があります。

そしてそれは、「熱を反射する」ということでもあるのです。

 

光を反射するということは、サンサンと降り注ぐ太陽の眩しさや暑さを和らげてくれるということなのです。

一般的に、日傘には「遮光率」というものが表記されていることが多いと思いますが、この遮光率が高いほど体感的な暑さが和らぎます。

また、熱を反射することで、日傘自体に熱がこもりにくいというメリットもあります。

そして、見た目的にも涼しい色合いでもありますね

 

ですので、とにかく暑さ対策をしたい!涼しさを求めたい!という人は、白の日傘を選ぶことをオススメします。

紫外線予防なら紫外線を吸収する「黒の日傘」

黒の日傘には、「光を吸収して」紫外線をカットするという特徴があります。

それはつまり、紫外線を吸収してくれるということも意味しています。

 

ですので、空から降り注いでくる紫外線を極力カットしたいのであれば、黒の日傘がオススメです。

 

また、忘れてはいけないのは、紫外線は地面などからの照り返しもあるということです。

黒の日傘であれば、照り返しの紫外線をも吸収してくれますので、外からも内側からも日焼け対策が可能となります。

 

少々、難点なのは、黒い日傘は紫外線だけでなく、赤外線も吸収してしまうので、傘に熱がこもってしまいやすいという点です。

夏に黒のTシャツを着ていると、なんとなく暑く感じたりするのも同じ理由です

 

とはいっても、紫外線予防が第一優先の人は、黒の日傘を選ぶのが安心です。

白と黒の良いとこどりをした日傘

白の日傘と黒の日傘の特徴をご紹介してきましたが、調べてみたら、2つの良いところを合わせた日傘が存在することが分かりました。

 

それは、UVカット加工がされている日傘で、外側が白などの薄い色、内側が黒やシルバーなどの濃い色の日傘です。

 

UVカット加工がしっかりとされている日傘を選べば、外側が白だとしても紫外線を防ぐことは可能です。

そして、外側が白系であることによって、見た目も涼やかで、光や熱を反射することで傘に熱がこもりにくく暑さ対策ができます。

また、内側が黒系であることによって、アスファルトなどからの照り返しによる紫外線を吸収することが可能となるのです。

 

よくよく考えてみたら、これが一番、最強の組み合わせのような気がしてきたかも

 

私は、わりと暑さは大丈夫なほうなので、紫外線対策に効果がある黒の日傘をずっと愛用してきました。

でも、色の特性を考えると、UVカットがされているなら、外側が白・内側が黒の日傘が良いと思えてきました。

 

せっかくなら、コンパクトで軽くて、見た目も可愛くて、効果もバッチリで、ついでに晴雨兼用だといいなぁ(笑)

と思ってネットで探したら、良さそうなのを見つけましたので、今年はこの日傘を試してみようと思います!

 

スポンサーリンク

まとめ

何色の日傘を選べばよいかは、暑さ対策なら白の日傘、紫外線対策なら黒の日傘がオススメです。

ですが、調べてみた結果、UVカット加工がしっかりとされているなら、外側が白、内側が黒の日傘が実は一番最強なのではないかと感じました。

今まで黒の日傘しか使ってきませんでしたが、今年はちょっと冒険してみようと思います
スポンサーリンク
おすすめの記事