みかんを皮ごと食べるのってアリ?農薬やワックスは大丈夫?

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

みかんが大好き!という人は、きっとたくさんいると思います。

そして、ほとんどの人が皮を剥いて実だけを食べるという食べ方をしていると思いますが、みかんは皮ごと食べることはできないのか気になったりしませんか?

今回は、みかんは皮ごと食べられるのかをはじめ、農薬やワックスの有無、付いている場合の落とし方などを中心に解説していきます。

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

みかんは皮ごと食べられる!

結論から言ってしまうと、みかんというのは皮ごと食べても全く問題ありません。

むしろ、みかんの皮にはビタミンCが実の3倍、ペクチンは4倍、ビタミンPが10倍含まれています。

つまり、みかんを皮ごと食べることには、健康的にもメリットがあるんです(^^)

スポンサーリンク

みかんの皮には農薬やワックスが付いている?

とはいえ、みかんの皮を食べようと思った時に気になるのが、「農薬やワックスが皮に付いているのではないか」ということだと思います。

実の部分は皮に守られているので、さほど心配ありませんが、みかんの皮というのは常にむき出しの状態ですので、農薬やワックスをじかにかけられていることになります。

仮に農薬やワックスがかかっているみかんの皮をそのまま食べてしまうと、健康上とても心配になりますよね。

では、実際に農薬やワックスが皮に付着していることはあるのかということについて、詳しく解説していきます。

みかんの皮の農薬の有無

みかんの皮には残念ながら農薬の一種である、防腐剤が付着していることがあります。

基本的に無農薬、オーガニックと記載されているみかん以外は農薬が使用されていると思った方が良いです。

特に日本人は、「綺麗な物」「形のいいもの」を好む傾向があるので、積極的に農薬が使用されているのです。

そのため、皮ごと食べるには、綺麗に残留農薬を洗い流してから食べる必要があります。

ワックスの有無

みかんというのは、自分の実を守るためにワックス層というのがあり、自分自身でワックスを分泌させています。

これであれば、みかん自体が分泌しているものですのであまり危険性はないと言えるでしょう。

ただ、輸送時や箱詰めなどの際には、そのワックスが落ちてしまう場合があり、代わりに人工的なワックスが塗られることがあります。

使われるワックスの代表格は、パラフィンワックスです。

カタカナ表記だとよくわからないかもしれませんが、パラフィンワックスの原料は原油です。

中には、原料が原油以外のワックスなどもありますが、皮ごと食べる場合には、しっかりと洗い流すことをおすすめします。

スポンサーリンク

みかんの皮に付いた農薬やワックスの洗い方、落とし方は?

では、みかんの皮に付着している可能性がある農薬やワックスを落とすためには、どのような方法を実践する必要があるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

重曹

まずは重曹を使う方法です。

重曹はアルカリ性ですので、ワックスや農薬などを分離させてくれる可能性があり、効率的に汚れを落とせる場合があるのです。

具体的な方法は、

・器に水を入れ、重曹を1杯程食らえる
・みかんを~3分程つける
・洗い流す

これだけで簡単にみかんの皮についた農薬やワックスを落とすことができるので、ぜひ試してみてください。

塩水、酢水

続いては塩水や酢水を使う方法です。

これらを使うことで、重曹よりも手間を省きながら農薬やワックスを落とすことが可能となります。

方法としては、

・塩水、酢水を作る
・みかんを~3分程漬ける
・揉み洗いをする
・洗い流す

たったこれだけの簡単な方法ですので、早速実践してみましょう。

野菜・果物洗い専用洗剤

上でご紹介した2つの方法も簡単ですが、一番楽なのは野菜や果物を洗うための洗剤を買ってしまうという方法です。

専用洗剤で洗えば、効果的に表面の農薬やワックスを落とすことができますし、安心して皮ごとミカンを食べて栄養を摂取することができます。

みかんの皮には食べる以外にも使い道(活用方法)がある!

みかんの皮を食べると、実よりも豊富な栄養を摂取することができます。

ただ、どうしても農薬やワックスが気になるという場合は、食べる以外の活用方法を試してみることをおすすめします。

みかん風呂

まずはみかん風呂です。

みかんの皮を乾燥させ、ネットなどに入れてお風呂に浮かべることで、みかんの酸味が浴室内に程よく広がって、リラックス効果に期待ができるみかん風呂が完成します。

ネットに入れて利用すれば回収も簡単なので、みかんの皮を無駄にしないためにも試してみてほしい活用方法です!

掃除

みかんの皮というのは、掃除にも使うことができます。

例えば食器なども、みかんの皮で拭くことで、油汚れを落としやすくなったりします。

これは、みかんのリモネンやピネンなどの成分が関係しています。

また、鍋の臭いがきつい場合や換気扇などの掃除にもみかんの皮を使うことができますので、ぜひ試してみてくださいね。

まとめ(みかんの皮は食べられる!ただし、農薬はワックスはしっかり落とす必要がある)

みかんの皮は、実よりも栄養豊富なので食べるのがオススメです。

ただし、表面には農薬やワックスが付着している可能性があるので、上でご紹介した3つの方法のいずれかでしっかり落としてから食べるようにしましょう。

一番確実なのは、無農薬やオーガニックと記載されているミカンを買うことです。

お値段的には、通常のミカンよりもお高めですが、農薬やワックスの心配をせずに栄養もしっかり摂れて安心ですよ

スポンサーリンク
関連キーワード
おすすめの記事