必見!一人暮らしで家の鍵をなくした場合の対処法マニュアル

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

1人暮らしをしている人にとっての最大の不安。

それは「鍵をなくすこと」です。

家族がいる場合には鍵をなくしても何とかなりますが、一人暮らしの人が鍵をなくすと、家に入ることができずに途方に暮れることになります。

 

そこで、この記事では、

「一人暮らしをしている人」「これから一人暮らしをする予定のある人」のために、鍵をなくしてしまった場合の対処法について詳しく解説していきます。

 

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

家の鍵をなくしてしまった場合の対処法マニュアル

1人暮らしで鍵をなくしてしまった場合でも、対処法はあります。

何よりも、焦らずにしっかりと落ち着いて行動することが大事になります。

 

それではこれから、鍵をなくしてしまった場合の行動マニュアルとして、具体的な流れを解説します。

万が一、鍵をなくしてしまった場合には、この流れに沿って行動することをオススメします!

 

もう一度冷静に探す

「鍵がない!」

となった場合、多くの人が焦ってパニック状態になってしまいますが、一度冷静になりましょう。

 

カバンの中、ポケットの中、財布の中をもう一度確認してみることが大事です。

場合によっては、いつもと違う場所にしまって、それを忘れているだけかもしれません。

 

それでも鍵が見つからないという場合には、次の行動に移ります。

 

スペアを持っていないか確認する

一人暮らしの場合は、大体入居する際に、鍵をいくつか渡されます。

そのスペアキーを持っていないかどうかを確認しましょう。

 

ただ、一人暮らしをしている人の中には、スペアを持ち歩いていないという人も多いです。

そのような場合は次の行動に移ります。

 

スポンサーリンク

確実になくしてしまった時はどうすればいい?

今紹介した、「冷静に探す」「スペアを確認する」という作業をしても、鍵が見つからない場合は、ほぼ間違いなく鍵をなくしています。

そのため、一刻も早く鍵を開けて、家の中に入るべく行動を起こす必要があるのです。

 

大家さんが同じアパートやマンションに住んでいる場合には、合鍵を持っている可能性があるため、一度訪問してみましょう。

もし、大家が同じアパートやマンションに住んでいないという場合には、次のような行動をとる必要があります。

 

管理会社に連絡を入れる

まずは、管理会社に連絡を入れましょう。

そして鍵をなくしたという旨を連絡するのです。

そうすることで、管理会社と提携している鍵開け業者が来てくれる場合や、担当スタッフが合鍵を持ってきてくれる場合もあります。

 

また、管理会社に出向き、鍵を借りるということができる場合もあります。

そして借りた鍵で、家に入り、スペアを持って借りた鍵を返しにいくのです。

少し手間に感じるかもしれませんが、このような方法でしか対応してくれない場合もあります。

 

こんな事態に備えて、携帯・スマホに管理会社の電話番号を事前に登録しておくことが大切ですね!

 

民間の鍵業者に依頼する

管理会社に連絡をして、解決の道筋ができればよいのですが、場合によっては管理会社が休みだったり、営業時間外だったりする場合もあります。

その場合、当然管理会社とは連絡が取れません。

 

もちろん、一日だけ友達の家やホテル、漫画喫茶などで過ごしても良いのですが、中には一刻も早く部屋に入りたいと思っている人もいるでしょう。

その場合には、民間の鍵業者に連絡をしてみることをおすすめします。

 

方法は、スマホなどで「自分の住んでいる地域+鍵業者」と検索するとすぐに引っかかります。

場合によっては、24時間対応してくれる場合もあり、深夜であっても鍵を開けてくれることもあります。

ただ、その場合は当然料金が発生します。

業者や内容などによっても料金が変わりますが、自分への罰だと思って受け入れるしかありませんね。。。

 

ちなみに、24時間365日全国対応している【鍵のレスキュー】であれば、電話1本かけるだけで場所によっては最短5分で対応してもらえます!

万が一、この記事を読んでいるあなたが緊急事態の場合も、「鍵の出張業界で売上・出張回数No.1の会社」なので安心して利用できると思いますよ。



スポンサーリンク

鍵の問題が解決した後にすべきこととは?

鍵業者に鍵を開けてもらう方法は2つあります。

1つ目は、ピッキングをして外から鍵を開ける方法です。

鍵業者のスタッフは、知識と経験が豊富であるため、場合によっては数秒で鍵が開いてしまう場合もあります。

この場合は、料金が非常に安くなります。

 

ただ、最近の鍵は防犯上の関係から、非常に複雑な作りになっています。

そのため、場合によってはシリンダーごと壊さなければならない場合もあります。

当然シリンダーを壊したら、もうどの鍵を入れても開くことはありませんので、新しいシリンダーに変える必要があります。

シリンダー交換をすると、料金が跳ね上がる場合がありますが、これも人生経験の一つだと割り切りましょう。

 

また、仮にピッキングで鍵を開けられたとしても、すでに鍵を落としている状態ですので、セキュリティの問題を考えるとシリンダーごと変えてしまうことをおすすめします。

 

まとめ

一人暮らしで鍵をなくしてしまった場合は、絶望感に襲われます。

しかし、対処法は必ずありますので、落ち着いて行動することが大事です。

 

また、業者に鍵開けを依頼する場合には、料金が発生します。

シリンダーごと変える場合には、より高い料金が発生する可能性もありますが、高い勉強代と思うようにしましょう。

自分への教訓だと思って、次から気を付けるようにしましょうね!
スポンサーリンク
おすすめの記事