牛乳は冷蔵庫保存で開封後何日まで大丈夫?賞味期限切れの使い道も紹介

こんにちは、knowledge pitへようこそ!

 

牛乳の保存期間について疑問を持ったり、不安に感じたりする人は多いのではないでしょうか。

ほとんどの人が冷蔵庫で保存すると思いますが、開封後の牛乳は冷蔵庫に入れて何日くらい持つのでしょうか。

この記事で詳しく解説していきます。

\ マイペースに働きませんか? /

スポンサーリンク

開封後の牛乳の保存期間は2~3日がベスト!

開封後の牛乳は冷蔵庫に入れたとしても、2~3日で飲み切ってしまうのがベストです。

なぜなら、開封した口のところから雑菌が侵入してしまうからです。

特に夏場などは、雑菌が侵入しやすく増殖もしやすいので、できるだけ早くの飲み切ってしまうのがオススメです。

とはいえ、2~3日を過ぎてしまったら飲めなくなってしまうということや、腐ってしまうということではありません。

ただ、品質が落ちてしまう可能性が高く、場合によってはお腹を壊してしまう可能性もあるということです。

 

特に乳製品は傷んでしまうペースが速いです。

そのため、開封したらできるだけ早めに飲み切ることを心がけた方が安心です(^^)

スポンサーリンク

牛乳に記載されている賞味期限は未開封であることが前提

開封後も、牛乳に記載された賞味期限を目安に保存している人が多いのですが、牛乳パックに記載されている賞味期限は開封していないことが前提となっています。

中には、「どのみち開封するんだから開封後の賞味期限を書いてよ」と思う人もいるかもしれませんが、現実的にそれは難しいのです。

その理由は、各家庭によって保存状況が変わってくるためです。

牛乳を常温で保存する人は少ないと思いますが、冷蔵庫の温度などは各家庭によって異なりますよね。

そのため、無責任に開封後の賞味期限を記載してしまうと、思わぬトラブルに発展しまうことがあるのです。

スポンサーリンク

牛乳を保存する時に大事なポイント(入れ忘れや放置は厳禁!)

では、牛乳を保存する時に大事なこととは一体何なのでしょうか。

正しい保存方法を知っているかどうかで、牛乳の日持ちを良くしたり、より安全に飲むことができるようになります。

牛乳の冷蔵庫への入れ忘れや放置に気を付ける

まずは基本的なことですが、牛乳の入れ忘れや放置に気を付けることが大事です。

冷蔵庫から出して、コップに注いだ後、冷蔵庫に入れ忘れてしまうことがありますよね。

そのような状態になってしまうと、どんどん雑菌が侵入しやすくなってしまい、質を落としてしまう可能性が高まります。

 

また、放置にも気を付ける必要があります。

もし長時間放置してしまった場合には、無理をせずに捨ててしまった方が安全です。

冷蔵庫への入れ忘れや放置によって牛乳を無駄にしたくないと思いますので、「牛乳を注いだらすぐに冷蔵庫に戻す」という習慣をつけることが大事になってきます。

牛乳の注ぎ口を清潔に保つ

殺菌は、牛乳の注ぎ口から侵入します。

そのため、常に注ぎ口は清潔に保っておく必要があるのです。

少しでも清潔に保つためには、注ぎ口にラップをかけるということもおすすめです。

少し手間はかかってしまいますが、この方法を実践することで、より安心して美味しい牛乳を飲むことができると思います。

牛乳に直接口を付けたらすべて飲む

牛乳パックに口をつけて飲む人は少ないと思いますが、中にはいるかもしれません。

一人であれば問題ありませんが、家族がいる場合には、できるだけこのような飲み方は避けるべきです。

仮に口をつけてしまった場合には、全て自分で飲み切るか、残りを捨ててしまうことがおすすめです。

賞味期限切れの牛乳を飲んだらどうなる?

では、万が一、賞味期限が切れた牛乳を飲んでしまった場合はどうなってしまうのでしょうか。

味がまずい

賞味期限というのは「おいしく飲める期間」のことなので、場合によってはまずいと感じることもあります。

とはいえ、賞味期限が切れて1日程度であれば、そこまで味に変化が出ていないことも多いです。

お腹を壊す

賞味期限が切れてかなり時間が経っている場合は、その牛乳が腐ってしまっている可能性があります。

そんな状態の牛乳を飲んでしまうと、お腹を壊したり、具合が悪くなってしまったりする可能性があるので、変な匂いがしたり、味に違和感があったりという場合には、ためらわずに捨ててしまいましょう。

飲めるか怪しい賞味期限切れ牛乳の使い道

場合によっては、「飲んでも大丈夫かな?ちょっと危なそうかな…」という怪しい牛乳もあると思います。

では、そのような時は一体どうすればいいのでしょうか。

掃除に使う

牛乳は、実は、掃除にも使うことができます。

例えば、雑巾に牛乳をつけて靴やカバンなどを磨くと、牛乳が持つ脂肪が光沢を出してくれるため、ツヤを出すことができます(*^^)v

風呂に入れる

牛乳風呂にするという使い道もあります。

この牛乳風呂はアンチエイジング効果にも期待が持てますので、美容を意識している人はぜひ試してみてくださいね。

北海道牛乳の入浴剤も良い感じですよ(*'ω'*)

ちなみに、お風呂の温度は38度から40度程度に設定すると良いと言われています(*^^)v

まとめ(牛乳は開封後は冷蔵庫保存で2~3日以内に飲み切るのがおすすめ)

牛乳は、しっかり冷蔵庫で保存をするとしても、開封した以上は菌の侵入などの可能性が高いので、2~3日以内に飲み切ってしまうことがオススメです。

雑菌の繁殖を防ぐためには、牛乳の放置や入れ忘れは厳禁なので、出したら冷蔵庫にすぐに戻すことを習慣づけることが大切です。

「飲むのはちょっと怪しいかな…」という場合には、無理に飲むことはしないで、掃除に使ったり、お風呂に入れたりなど、別の使い道で利用するようにしましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました
スポンサーリンク
おすすめの記事